2016年08月01日

太陽光発電についてFIT法関連改正省令においての注意点。(看板表示の義務化)


本日より、適用になります。

細かいことは、PDFで(手抜きですいません。)
また、散々他の方がご指摘している事項は、
取り上げません。

手続き上重要なポイントのみをご注意ください。

1.発電所の看板が必要です。(20KW以上)
(第5条第一項(5))にて発電所の事業者とスムーズな連絡と事業者の明示が
義務化されました。
弊社とメンテナンス契約を結んでいただければ、連絡先を弊社にすることが可能です。

2.変更申請に、接続契約締結済みか否かの資料提出が必須となります。

3.これからの認定、接続契約案件は、すべて1年もしくは3年以内の稼動を義務付けられます。
  現状認定を受けていても接続契約に至ってない案件も含まれます。
  つまり、これから太陽光発電をご検討の方は早急な計画が義務付けられます。




省令が変更されたばかりですので、電力会社も混乱のさなかです。
問い合わせても正確な解答が得られるわけではありませんので
段階段階で確認いたします。
MIYA160101030064_TP_V.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 14:42| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市の太陽光発電の赤嶺電研企画




posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする