2016年11月14日

2016年11月13日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画








posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日米貿易摩擦の再来?あの時は、スパコンやICでしたが、今度は、太陽光パネル・・・?日経テクノロジー記事「トランプ大統領誕生、共和党でも太陽光産業は伸びる!?」




トランプ氏は石油型エネルギーの拡大の再開により、雇用を増やすことを公約に掲げているために
太陽光発電にはネガティブなのでは?ということに対し
すでに20万人以上の雇用を生んでいる産業で、さらに今まで政策を牽引してきたのは
州知事であるためにそう悲観したものではないという記事です。

記事には書いてませんがもう少し踏み込むと。
化石燃料+再エネ、どちらも拡大すると、アメリカでは電気供給があまってしまいます。

ではどうするんでしょうか?

そうなると外に求めることになりますね。

シェールガスと、太陽光パネル、システム、蓄電池。

これの他国への輸出により産業の活性化と、雇用拡大を目指すことになります。

さて、アメリカとの貿易相手国の1、2位はダレでしょうか?

中国はパネルは自分のほうが安いですが、シェールガスや、太陽光発電のシステム、蓄電池については
輸入しても経済が活性化できます。win-winになるかもしれません。

では日本は?
シェールガスで、二酸化炭素輩出は増
パネルやシステム、蓄電池の押し付けが始まると・・・

国内メーカーが・・・。

FITに依存できません。
国際競争力を持たないとキツイ時代が到来です。

sky-1662469_1920.jpg




posted by 第二の年金.JP担当 at 08:01| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする