2017年06月03日

【産業衰退か?最強企業の誕生か?】アメリカのパリ協定離脱により、さらに自家消費型の太陽光発電の廉価化が進むかもしれません


トランプ大統領がパリ協定からの離脱を表明しました。

sky-1662469_1920.jpg

憶測では、アメリカの孤立、クリーン電力産業の後退などが懸念されています。

ただ、これでアメリカのクリーン電力産業は、その他電力源との本当の競争に叩き込まれたことになります。



一部の州では、補助金や電力会社に買取義務などを課することで優遇するかもしれませんが、その他の州では他の電力よりも、廉価かつ高品質な電力の供給をしなければなりません。


そうなれば、クリーン電力産業自体が衰退するか、

もしくは、廉価かつ安定したクリーン電力を供給する企業が現れるかの

どちらかになるかが予測されます。


tesurasolarroof.jpg


その場合は、またもや黒船として日本に上陸してくる可能性があります。

弊社も黒船におびえないように、自家消費案件などの提案を頑張ります。

scan-002HP掲載用.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 17:56| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画


















posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする