【25%の減少だそうです】インド、太陽光発電に影落とす大気汚染 スモッグなどで25%減少(AFP通信)【洗浄方法の確立が必要ですね。】





日本の古い、検証では
角度11度以上のパネルにおいて雨洗効果により
無理に洗浄する人件費などと復活する発電量の便益の計算をしたら
洗浄せずに、そのままでも大して変わらないとの意見でした。

ただ、黄砂、Pm2.5などによる汚れ対策で、パネルの洗浄は、考慮すべき事業となりつつあります。

ただし、頻度や方法(地下水などを使うとまずいです。水道水もカルキ抜きなどが必要です)など、確立されていないものがたくさんありすぎる状態です。

安くてまともな洗浄ロボットが増えればよいのですが。
今は高級すぎますしねえ・・・。

一番良い洗浄方法は、大雨の日にやわらかいブラシで軽く拭くのが
フレームにこびりついた汚れを落とす方法らしいです(弊社お客さま談)
高いところとかは危ないですねえ・・・。


IMG_20150714_131112.318.jpg


posted by 第二の年金.JP担当 at 12:29| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画










posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☀| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする