2017年11月30日

【記事を鵜呑みにしてしまうと、太陽光発電事業者から差し止め訴訟を起されるような・・・。】太陽光発電事業者のための法律Q&A 新築ビルの影で太陽光の発電量が減った場合、損害賠償の対象ですか?<第33回>マンション建築時に太陽光パネルへの日照阻害を発生させてしまう場合の補償金額 【南が第三者の開発可能な地域は架台足の長い発電所がオススメです。】

(日経テクノロジー記事)

どうなんでしょうか?
ちゃんとした日照量によるシミュレーションが出来ますので、損害がはっきりする事業なのですよね。発電事業は。
土地の利用権を盾に発電所の南の開発は危険だと思います。

特に産業用発電所は事業としておこなっていますので営業妨害として訴訟された場合、特に、回避可能な設計が可能でかつ、発電事業者に事前の説明がない場合は、建設の差し止めを食らってもおかしくないような。

逆に太陽光発電事業者様=オーナー様も地域のみなさまとの連帯を深めるための努力も必要なのかもしれません。
太陽光発電所を阻害するようなになる建物は他の住民の皆さんの邪魔者でもあるのですから。

こういうのは正直行政が都市計画をきちんとしていただきたいのですけどね。


もう一つの発電所オーナー様の防衛策は、架台を高くしておくことです。
これだけで、周りの環境の影響が減ります。

草.jpg

修正IMG_20151004_144639.441.jpg

nishitanisama.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 18:39| 茨城 ☔| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画






posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

2017年11月28日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画






posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 🌁| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする