2018年01月11日

2018年01月10日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画










posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☀| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【30年度の買取価格は18円・・・?】2018年度のFIT価格、事業用太陽光は数円の引き下げへ(ITメディア スマートジャパン記事)【急に都合の良い数値を採用するみたいです。】

おそらく19円になるだろうと楽観していたら、
冷水を掛けるような内容が12月27日にされていたようです。



要約するなら従来のトップランナー方式といわれた方式をトップランナー分析という方法に変わりそうなのです。
これは、従来の方式なら2017年の発電所コストが24.1万円だったのですが
ップランナー分析ならば、22.1万円となり
さらに設備利用率も想定方式から、トップランナー方式に変わるそうです。

15%の利用率から、過積載方式が増えたことで17.1%の採用となる見込みです。


つまり、コストでは91%程度に、利用率で88%に従来の計算方式より低く想定されることになります。
総合すれば、約80%程度に下げられることになります・・・。
21円×0.8=16.8円

つまり、18円、下手したら入札最安値17.2円も考えられる情勢となってきました。
それでも4円下げは急激すぎるでしょうから、18円が濃厚と思われます。

これなら経産省予定の2020年に14円/KWhも可能になりますから。

2018年18円、2019年に16円、2020年に14円というシナリオです。

これからはおそらく、実勢に制度を合わせるのではなく、制度の予定通りに物事を進めることになります。

みなさまも躊躇無く、計画を推し進めることをオススメします。

img_20171021_145348.71323.jpg

21円案件あります。
詳細はお問い合わせ下さい。
紹介ウェブ.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 08:36| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする