2018年01月22日

【自動で草刈。夢ですよねえ】太陽光発電所も「ルンバ」のような除草でサッパリ!自律ロボットを活用(日経テクノロジー記事)【さてお値段は・・・。】

お問い合わせは赤嶺電研企画へ



ホンダの芝刈機も紹介しましたが、
こちらはホンダのライバルで、アメリカでは評判が良いのだそうです。

でお値段はというと・・・・。

導入費は、太陽光発電所で主に使われるGPS付きの機種で65万〜80万円(税抜き)となっている。この導入費には、区域の境界を設定するワイヤーの設置費も含む。

 太陽光発電所における利用では、回転刃の交換は年1回程度で済むという。他の場所では、一般的に年3回程度の交換が必要となっている。

 交換は、通常のプラスのネジの脱着で行う。交換用の回転刃の価格は、3セット分で4000円弱となっている。


うーん・・・10年持って年間6.5〜8万円。
人を雇っても年間2回はできますねえ・・・。

ぜひ国内メーカー様も安く造ってください。



posted by 第二の年金.JP担当 at 17:53| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画






posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする