2018年02月04日

【ついに2000億円のプロジェクトが動くそうです。】長崎の離島に480MWの超大型メガソーラー、計画再始動で2018年度着工(へスマートジャパン記事)【賦課金からの負担は20年で、3200億円程度でしょうか?】




2000億円の投資ですが、たしか40円案件だと思ったので、
年間12000KWh/KWの発電で年間230億円程度の売上になります。
再エネ賦課金の負担は、1KWhあたり電力の仕入価格12円を差し引いた額になりますので1KWhあたり、28円程度が支払われることになります。
そうなると20年間で、3200億円ですね。
あとが揉めそうなお話です。

プロジェクトが国内勢によるものへと変化したようですが、
長崎のほかの発電事業者などへ、抑制時間の大幅な増化などが生じたりなどの
問題が起きなければよいのですが。

img_20171021_145348.71323.jpg

posted by 第二の年金.JP担当 at 12:34| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画






posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする