2018年05月27日

2018年05月26日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画




posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

2018年05月25日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画








posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式会社エコ・マイファームさん主催の「農林水産省の営農型太陽光発電制度改正に伴う緊急セミナー」に行ってきました。

に参加してきました。

有料セミナーなので非常に突っ込んだ内容でした。

やはり、単なる規制の緩みではなく、
過去の実績を農水省が分析して、ソーラーシェアリング自体は、農村再生に貢献
しかし、傾向から営農発電とも、農家の方自ら行う方が適正であるという方向でその分に恩恵を与えるみたいです。

さらにうれしい誤算のようですが、荒廃農地の再生にもかなり役に立つと実績から判断し、今回の優遇策へ加えるようですね。

この通達で知識のない悪徳業者がソーラシェアリングの一時転用更新期間が10年になりました
高利回り案件です!と勧誘があるかもしれませんが、細かいチェックが必要になります。

特に、荒廃農地再生以外で、10年以内更新というのは、2,3種農地(=転用可能な農地です)か営農者自主建設しかありませんので、お気をつけてください。

荒廃農地自体も、認定は農業委員会の判断ですので、単に営農がされていないだけではダメだと思われます。

また10年以内更新ですので、最長9年11ヶ月で、期間は、農業委員会の判断であるため、
実は5年とか7年とかでも良いのです。

やはり正確な情報を得るには専門家の方に教えていただくことの大切さを痛感しました。

ENIMAGE1405046797413.jpg

posted by 第二の年金.JP担当 at 08:35| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする