2018年05月04日

2018年05月03日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画






posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【毎年のように、何十年に一度の異常気象がでてます】[メガソーラー・トラブルシューティング] 雪の重みで太陽光の架台が倒壊、設計ミスが原因か(日経Xテック)【正直EPCさんだけを悪者にして良いものか?疑問です。】


正直全容がわかりませんので、なかなか評価が難しいです。
特に積雪が100cm以下という地域が100cmどころじゃなかった雪が最近は降るようになりました。
コストとの兼ね合いがあり、EPCさんも、過去のデータで豪雪地域ではなかったところに
場所をとる、多雪地域用の角度のある足の長い架台を設置するのが独断だったかは疑問です。

ある面積に、なんKW置きたい、そうしないと採算が取れないなどの事情で
施主さんが主張を通す案件は多いです。
また申請から設置に時間がかかり、出力やパネルの数の変更が非常にやりにくい時代です。
安全第一な設計が優先できるように、制度に柔軟性を持たせてほしいものです。

また土地は、一見フラットに見えても測量してみたら、ゼロ点からプラスマイナスで1mも差があるなんていうのは珍しくありません。
特にいまの簡易配置設計は、グーグルマップなどでの面積のみでギリギリ配置する方もいらっしゃいます。
(弊社も発注前はそうなります。ですので、土地ギリギリというのは非常に難しいです。見積費用をいただくわけにもいきませんので。これはほとんどの業者様の悩みだと思います。)
弊社も気をつけますが、設置の際にはかならず下見と実寸調査が必要だと思われます。

高さスペーサなど利用しないで、架台の横配列は少なめのものを用意して何個もブロックにしておくのが地形についてフレキシブルに対応できるコツだと思いますが。
また弊社では1600mm〜2500mmまでスクリューを用意することで備えております。


21円案件あります
詳細はお問い合わせ下さい。
紹介ウェブ.jpg


発電所の運営に不安があったら
詳細はお問い合わせ下さい。
メンテナンスウェブ.jpg

posted by 第二の年金.JP担当 at 08:00| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする