2018年05月07日

【コネクト&マネージの強い味方です。】世界初! 再生可能エネルギーの普及を見据えた原理を明らかに(bp-aニュース)【オームの法則やキルヒホッフの法則応用よりも精度が高まるようです。】

地味に見えますが日本の系統問題には重要な理論ではないでしょうか?

簡単にいえば、多数台の発電機の同期を適性に取ることについて理論的な解析ができたということです。
実は回転体を伴う発電機などで同期をとることも原理であり、それをつかっても各系統の同期を維持するのは非常に難しいのですが、
さらに、現在では太陽光発電や、風力発電など数秒間での増減の激しい電力源が系統につながられている状態は電力会社にとっては悩みの種でした。

口の悪い方の隠語では、自家発電所の電力は「汚い電力」といってます。
これは、電力会社側で同期や周波数の調整をしてやる必要があるからでした。

さらに、太陽光発電や、風力はさらに気ままな発電であるため
その調整がさらに困難でした。

ですが、今回の解析により、おそらくですが、天気の予測シミュレータとの組み合わせで
太陽光や風力の変動も考慮に入れた、電力系統の維持調整ができるようになると思われます。
これは、いわゆるコネクト&マネージを後押しするものなのでしょう。


凄い時代が到来しそうです。





posted by 第二の年金.JP担当 at 18:50| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画






posted by 第二の年金.JP担当 at 09:01| 茨城 ☔| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする