2018年06月16日

【一方投資家は・・・。】「マスク氏vs.バフェット氏 再エネでにらみあい」「インドで太陽光発電 ソフトバンク交渉 総事業費6.6兆円」(日経新聞記事)【障壁があっても有力投資家の視線はアツイようです。】






さすがに、有力な投資家の方々はすごいですね。着々と。
実はまだ世界には10億人ぐらいの未電化人口が居ます。
この方達に電力を送るのは大規模発電所+送電線ではなく、
太陽光発電+蓄電池の方が導入コストもランニングコストも安く、リードタイムも短くなります。
世界で夜の闇が怖くなくなればどんな時代がくるでしょうか?
情報端末の発達により、電気がくれば、情報通信も可能になり
通信による教育なども進みます。

投資家イコール金儲けと考えてしまいますが、すごい投資家は人を幸せにして儲けてていくのでしょう。

ぜひ、その一端をにないませんか?
弊社販売サイトです。
posted by 第二の年金.JP担当 at 12:50| 茨城 ☔| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画




posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☔| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

【太陽光発電に障壁が】世界中で太陽光発電についていろいろな障壁が



急速な普及により世界中でネガティブな意見や停滞を大きく捕らえる記事が多くなりましたね。








やはり、リードタイムが短く、量産可能で世界中どこでも設置可能な万能電源である太陽光発電は急速な普及が可能であるとともに、既存の大規模発電所から送電網で送電するという旧態依然のシステムへの融合においてトラブルが生じていると理解しています。

まだ生みの苦しみでしょう。

風力のように、風が吹かないということも無く、必ず毎日世界にエネルギーが供給され、
資源の偏在もなく、低価格化も進み、環境破壊や健康被害も最小限ですませることも可能な太陽光発電自体は今後もまだまだ進むと考えております。


IMG_20150714_131112.318.jpg

































posted by 第二の年金.JP担当 at 18:16| 茨城 ☔| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする