2018年07月06日

【除草はなんの儲けになりません。】「草刈りは回数で決めない。草高30cmを基準に」。緑地雑草科学研究所に聞く(日経メガソーラービジネス)【オーナーの方にもメンテナンス事業者にも】【ですので弊社は提案します。】




弊社は主張します。
除草はコストです。
できるだけ減らしましょう。
それには最初からが肝心です。

表題の日経の記事はメガソーラー基準で書いてあります。


「30センチを維持。」低圧で出来るでしょうか?みなさん。


さて発電所のオーナーの皆さん、除草はどうなさってますか?

・自分で草刈
・奥様と一緒に休日に
・業者に委託してるしOK!
・防草シートあるし
・除草剤で。


さて、ひとつずつ、ご質問します。
「自分で草刈の方」
  • 今おいくつですか?
  • 20年後も自分で刈れますか?
  • 草刈で屈むなどの無理な姿勢で腰がいたくなりませんか?
  • 遠方だと毎回運転などの移動が辛くないですか?
  • で時給換算でお幾らになりました?
  • 労災入ってないと怪我したらどうします?

「奥様と一緒に休日に」
  • 奥様との大切な休日を潰しても大丈夫ですか?
  • 奥様がケガしたり、ご自分が怪我した場合の労災に入っていますか?(副業の方は本業の労災は使えません)
  • 長い移動時間があったり、移動費用を見た場合のコストを計算したことありますか?
「業者に委託しているのでOK」
  • 業者さんは20年間除草の契約してくれてますか?(人手不足で人件費があがれば、除草の値段もあがります)
  • 業者さんは発電所近くの業者さんですか?

「防草シートあるし」
  • よくもって、10年後にシート交換作業があります。その際はおいくつですか?
  • 廃シートの処理は考えてますか?
  • 水の流れや土砂の流出は大丈夫ですか?
  • そもそも完璧に防げてますか?

「除草剤で」
  • 今は、周りになにもなくても、将来お近くに家ができてガーデニングなどが趣味の方がお住まいになっても除草剤をまきますか?
  • 小さいお子さんがいる家ができてもまきますか?
  • 間違って吸い込んだり、目に入ったときはすぐに洗い流す必要がありますが、水道は発電所に備え付けてありますか?
どの方法にもリスクがあります。

一番の理想は、カバープランツで、影を掛けるような高さにならないグリーンベルトが発電所に広がっているイメージです。
この場合は植生が保水力や、根を張ってくれれば土砂流出も防いでくれたりします。
芝生の上の太陽光発電所、下ではみんながくつろいだり、犬がはしゃぎまわったり・・・。
そういうのが出来れば理想ですが。
理想ですが!

カバープランツできれいに作るには最初の苦労とあとでの丁寧な手入れが必要です。
また影のかかるパネル下への植生は難しいのです。



結局、雑草は、太陽光発電所にとって敵です。
ですが、敵といってもパネルに影を掛けるなどの影響がないならば、「適時」排除すればよいのです。

普通「適時」とはパネルに雑草の影が掛かる前です。
つまり5−6月7月8月のぐんぐん伸びる時期にはMustとなってしまいます。

ですが、影が掛からないなら、そんなに慌てなくてよいですよね?


弊社は最初から足長架台、高所架台、下利用型架台をオススメします。
(下利用型)
img_20180315_085107.360.jpg
(足長架台)
草.jpg

設置コストは確かに上昇します。
但しメリットが大きいのです
  • 草が刈りやすい
  • 刈りやすいのでケーブル切断事故などの可能性も低減
  • 雑草がかなりの高さにならないと、パネルに影を掛けない
  • そのため、自分の好きな時期に、運動をかねて除草などが可能
  • まめに除草しないと売電が減るという恐怖から開放されます。(ただし年2〜3回はやる必要があります。)
  • さらに、周りになにかできても、影の影響が最小限にすみます
  • 1200mm程度推奨のフェンス以上の高さならば、フェンスの影がパネルにあたりませんし、敷地を有効利用できます。
とくに、低買取価格での案件についてはランニングコストの削減が命題です。

さらに発電所のリニューアルの際などもご検討することもオススメです。

除草は、正直、メンテナンス業者にも儲けになりません。
事故の可能性が高いわりに、高額な金額を請求できないからです。
(そりゃ、除草はお金を生みませんし、普通の空地やらお庭の除草の相場は安いですからね。)

かといって専門知識がない方に委託すると、今度は、
設備の破壊(特に接地ケーブルの切断、PVケーブルの切断)、
へたすると感電させてしまうリスク(お気をつけてください。オーナー様が素人に草刈依頼してしまってその方が感電死してもオーナー様の責任です。)
があります。


ならば、最初から、無理なく除草できる計画を考えた発電所を作りましょう!

ぜひ、すでに申請済みなどの案件についても弊社にご相談ください。


posted by 第二の年金.JP担当 at 17:02| 茨城 ☔| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日のつぶやき 気になった環境ニュース&エコめがね実績#茨城県鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・鉾田市・稲敷市・香取市・成田市の太陽光発電の赤嶺電研企画






posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☔| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする