2019年12月01日

【電力の系統プロセスのガラス張り化しかないと思いますが】東北電力「負担金増額、不当でない」 再エネ裁判で:日経新聞


注目は

事業者側弁護団は「具体的にどのような数値で算出しているのか、根拠が示されないのは不透明だ」としている




つまり数字で語れ、と。

プロがついてますね。これ。

非常に楽しみな裁判です。

これを解決するには系統設計のプロセス、最低限、接続までの順番の公開は必要だと思いますが・・・。
まあ、電力会社さんが作るFIT設備とかありますしね。
あと関連会社とか。
そういう邪推を排除できるようにプロセスの透明化を図らないとほぼ裁判が増えるかと。

gahag-0018086637.jpg











会社経営ロゴ.jpg

発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 18:01| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする