2012年04月21日

平成24年度の太陽光発電装置の即時償却について(グリーン投資税制改定、実質エネ革税制延長?)

エネ革税制太陽光発電即時償却延長されました

の記事へのアクセスがいまだに多いので。
24年3月31日でエネ革税制は終了しました
 
しかし4月17日にグリーン投資税制の改定案が発表されました。
http://www.enecho.meti.go.jp/greensite/green/greendocs/120417greenhenko.pdf
にて、エネ革税制と同様の要件を満たした設備に関して、平成25年3月31日までの導入で
やはり 「即時償却」が認められる予定です。
実質エネ革税制の延長と考えてもよさそうです。
 
ただし発電会社専用設備は、対象外でありますので、ご注意ください。

3月12日更新
平成25年について大綱に基づいて記事を書きました。
http://taiyoukoudenenkin.seesaa.net/article/345085837.html?1363073050

 
posted by 第二の年金.JP担当 at 08:04| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック