2012年07月20日

産業用30KW太陽光システム本日納入

 
写真2.jpg



本日弊社が 株式会社ハラキンhttp://www.hara-kin.com/ より



受注させていただきました、30KWの太陽光発電所が本日連系=稼動となります。

 

この発電所は、7月から始まった再生可能エネルギー全量買取制度は利用いたしません。

そのため発電電力の環境価値は100%お客様のものとなります。


ただし、株式会社ハラキン様は、太陽光発電装置とデマンド監視装置などの活用などの節電により、再生可能エネルギーの全量買取制度を活用した発電所と同程度の経済効果を目指しておらます。






太陽光発電所の最高出力は30KW、シャープ製多結晶型パネルを156枚を弊社鹿嶋工場建屋の屋上に設置し、年間30,000KWhの発電を予定します。



発電した電力はすべてお客様工場の電力の一部として使用し、年間17.2tの二酸化炭素排出削減と電力会社からの電力調達を30,000KWhを削減できる予定です。 

設備は、弊社が、設計・設置施工・管理を委託され、本事業の収益により代金をいただくエスコ事業方式となっております。



発電所と節電効果による経費削減効果で、今7月より始まった再生可能エネルギー全量買取制度を利用した場合と同等の経済効果を目指します。

 

上記のお問い合わせは、弊社にお願いします。

報道関係の方以外の方はお客様のご迷惑になりますので必ず下記へのお問い合わせでお願いします。

有限会社 赤嶺電研企画 赤嶺



TEL0299-69-7909 FAX0299-69-7909  
E-mailaaakamine@akaminedenken.jp





にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
posted by 第二の年金.JP担当 at 08:00| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 弊社での実際の発電と売電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック