2017年01月28日

【来年度も50KW以下は電子申請になるようですが、添付書類がPDFで送ると指定されています・・・。つまり添付書類だらけになります】1月25日実施の総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 新エネルギー小委員会(第17回の分析を始めてます。(その3)


おそらく、みなし認定も電子申請になりそうです。(ホッ。

ただ、添付資料をPDFで送るのが標準手続きと・・・。

fit2017ninntei.jpg


ただ、フローをみると、やはり、買取値段がきびしいですね。

新制度では電力の接続契約がないと認定がおりませんで値段がきまりません。

電力の空きのない地域はどうなるんでしょうか?

ただ、東京電力さんは設計と工事期間を同意すれば、接続契約してくれそうな
気はします。あきらめないで4月1日以降も申請してみますね。



posted by 第二の年金.JP担当 at 13:00| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック