2017年03月19日

【日本のソーラーは全敗でしょうか・・・】「太陽光の海外販売比率が最も高かったソーラーフロンティアが受注停止」日刊工業新聞


中東などで受注など好調に見えたのですが・・・。


非常に不安です。
海外で激戦をしているパネルが日本で席巻してます。
弊社も使用しているJINKOやトリナなどは質も良く、価格もすばらしいものです。
また実績は海外だけではなく、実は日本でも(弊社は知っているのです・・・・。)

そうなれば、日本でも日本メーカーが勝てなくなってしまいます・・・。

下記は、2011年に採用したトリナ製パネルで作ったものです。
発電量はすばらしいものです。
熊谷邸.jpg

JINKOの実績にについては、内緒です。
弊社にご来社いただいた方のみに種明かしします。

弊社はソーラーフロンティアの施工店でもあるので、頑張って欲しいです。


posted by 第二の年金.JP担当 at 18:45| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック