2017年04月08日

【九州電力管内で、電圧フリッカ現象が起きているようです。設定変更が必要みたいです】「GW前後に照明ちらつく恐れ 太陽光装置の設定原因(佐賀新聞)」ならびに「電気の電圧及び周波数の値を維持するために必要な発電事業者の協力義務について(九州エリアにおける10kW以上の低圧太陽光発電事業者の皆さま)(資源エネルギー庁)」



posted by 第二の年金.JP担当 at 12:13| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤嶺電研企画の太陽光発電メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック