2017年12月02日

【マイクロインバータならACで】東大発の技術で太陽光パネルの異常検知を自動化、ヒラソル・エナジーが数千万円を調達 TechCrunch記事【ゲートウェイとPLCでつながってます・・・。】




O&Mには凄い技術です!

ただ、
パネル毎の監視は、マキシマイザーなどでもすでに実現しています。

弊社も施工したマイクロインバータでもPLC通信でゲートウェイに情報を送って診断できます。
(画像は、NMI様HPより)
NEPゲートウェイ.jpg

しかし後付が可能というのは既存のシステムに追加可能ですからその点が有利でしょうか?
ただ SMAでも後付オプティマイザー(ソーラーエッジ社製)を導入するようですので
希望としては、価格です!

ぜひ超低価格でお願いしたいものです!


格安なシステムなら採用してみたいですね。

IMG_20151111_100626.651.jpg
ゲートウェイ.jpg


販売案件あります。
詳細はお問い合わせ下さい。
紹介ウェブ.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 13:58| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。