2017年12月30日

【弊社は第三者賠償保険に加入済みです。】台風で太陽光パネルが飛散した場合、施工者の責任が問われますか?<第34回>強風で太陽光発電システムが損傷した場合の設置における瑕疵の有無(日経テクノロジー記事)【オーナー様は施設賠償保険に入っておいてください。命はお金では買えませんが、ゼロはダメです。】

太陽光発電施工業者でのメーカー施工ID付与には条件となりますので
家庭用取り扱い業者様はまず大丈夫と思われます。

ただ、DIYだったり、アルバイト中心である場合、
施工ミスによる賠償は100%オーナー様にいきます。

さらに、施設賠償保険に加入していない場合、第三者=住民の皆さんにケガや損害、最悪命を落とさせた場合など多額の賠償金を支払うことになります。

ぜひ、一度メンテナンスとともに発電所経営についてのリスク対策をお考えください。

2017かしままつりウラ.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 16:17| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。