2018年01月06日

【初回から、入札制度の最終結果が不調のようです。】第1回太陽光入札、5件の落札を取り消し、保証金没収を嫌う?(日経テクノロジー)【なんと41MWだけになり、予定量の10%未満・・・】


非常に残念なお知らせです。
改正FIT法の目玉だった、入札制度がうまく機能しておりません・・・。



この入札制度導入で太陽光発電のコストを下げるといきこんで、始まったはずの入札ですが
入札自体も募集に届かず、さらに上限価格であり通常のFIT買取価格の21円まで落札する始末。
さらに、今回辞退で結局41MWまで減ったそうです。

重要なお話で、もう一つ懸念は、このような入札に参加するためには、電力会社との予備交渉で接続契約についてそれなりの下地づくりがあったはずなのですが
それすら最終的には接続契約にいたる可能性が低かったために辞退という状況です。

辞退した会社の4案件2社はハンファQセルズと自然電力という超大手の開発案件です。
交渉力ではほかよりも強いはずなのですが・・・。
電力会社との接続契約に不安がのこります。

sky-1662469_1920.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 10:58| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。