2018年01月31日

【一部の材質や接合方法などが使えなくなる。もしくは是正勧告がでるかもしれません。】太陽光発電の架台、材料選定や防食の規定がJISから電気設備技術基準に(環境ビジネスオンライン記事)


  • 材料および許容応力度 
  • 部材の接合
  • 防食

を電気設備の技術基準の解釈・解説に組み込むそうです。
考えられるのは、木材、単管パイプ用クランプなどの使用が実質使えなくなる可能性があります。

注意が必要です。

メンテナンスサービスHP.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 09:46| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。