2018年03月06日

【太陽光発電事業評価ガイドの概要が説明されました】【発電所の発電設備としての適正さの価値を評価することになります】太陽光発電事業者フォーラムに行ってまいりました。



弊社が開催したFIT法改正の説明会に講師を派遣いただいた、

一般財団法人 再生可能エネルギー保全技術協会様より

お知らせいただき、行ってまいりました。


再生可能エネルギー保全技術協会様は、土地ワーキンググループのリーダーだそうです。



img_20180306_100739.092.jpg


太陽光発電事業評価ガイドとは、
発電所の発電設備として適正さの基準と評価方法を示し、
適合されていない場合のリスクをあぶりだすことで、
  1. 新規設備の設置の際の適正な施工
  2. 既存設備の保守管理修繕改善
  3. セカンダリとしての販売買取
の役に立たせることのために、出すそうです。

逆にいえば、発電所の価値を帳簿上やシミュレーションから
発電事業としての適正さの価値で評価すること
がこれからの方針になりそうです。

正式な物は4月以降に発表されます。

今までは、メンテナンスの義務化などについて、具体的なリスクが示されていませんでしたが
適正なメンテナンスがされていない物は評価上リスクが算定されることになります。
(つまり、売却など際に評価損がでます。また、この評価についても一定の間隔での義務化も想定されます。)

また施工方法などについても、適正さが求められるため、特に架台については
改善改修の必要が迫られるものが続出すると予測されます。
(特に、仮設部材を利用したもの)


メンテナンスのご用命は以下に
メンテナンスサービスHP.jpg

販売案件あります。
詳細はお問い合わせ下さい。
紹介ウェブ.jpg

posted by 第二の年金.JP担当 at 11:04| 茨城 ☁| Comment(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。