2018年04月09日

【まだまだ行けそうですね】「中部電力、系統の空き容量を細かく算出したら意外と余裕あった」環境ビジネスオンライン記事【東電管内でも期待】【土地活用でお悩みでしたら】



京都大学の安田先生が、きちんとデータの裏づけを元に懸念を表明したのが効をそうしたのでしょう
中部電力が自主的に計算しなおしを始めました。
やはり、情熱をもって、コツコツ頑張る方にはかなわないと思います。

弊社の周辺地区 鹿嶋市周辺は、2年前より、接続に最大5年掛かると電力会社から通告されている地域が拡大しております。

こちらも計算しなおしてくれると良いのですが。

ただ、弊社も淡々と申請を続けます。

鹿嶋市周辺で土地の有効活用にお悩みの方で
実際の連系までお時間いただける方は
ぜひ弊社にお声がけを
下記のHPのお問い合わせからお願いします。

IMG_20150714_131112.318.jpg

posted by 第二の年金.JP担当 at 09:06| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。