2018年06月16日

【一方投資家は・・・。】「マスク氏vs.バフェット氏 再エネでにらみあい」「インドで太陽光発電 ソフトバンク交渉 総事業費6.6兆円」(日経新聞記事)【障壁があっても有力投資家の視線はアツイようです。】






さすがに、有力な投資家の方々はすごいですね。着々と。
実はまだ世界には10億人ぐらいの未電化人口が居ます。
この方達に電力を送るのは大規模発電所+送電線ではなく、
太陽光発電+蓄電池の方が導入コストもランニングコストも安く、リードタイムも短くなります。
世界で夜の闇が怖くなくなればどんな時代がくるでしょうか?
情報端末の発達により、電気がくれば、情報通信も可能になり
通信による教育なども進みます。

投資家イコール金儲けと考えてしまいますが、すごい投資家は人を幸せにして儲けてていくのでしょう。

ぜひ、その一端をにないませんか?
弊社販売サイトです。
posted by 第二の年金.JP担当 at 12:50| 茨城 ☔| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。