2018年09月28日

【厳しい意見は他の方にお任せして】「住宅用太陽光発電の誤算、「10年で投資回収」は大ウソだった」:週刊ダイヤモンド記事は「誤りがありました!」【ダイアモンドさんの意図を読み取りたいと思います。】



弊社も太陽光発電システムメーカー通して、抗議しようとした記事ですが、
実は思いとどまりました。

なぜか?
実は最後に書かれていた、ダイヤモンドさんの結論が重要だと思うからなのです。

daiamonnd1.jpg

daiamonndo2.jpg

いきなり、48円買取の方たちを
電力の市場価格の中に放り込み、

自家消費をしろ
蓄電池に再投資しろ

というのは乱暴なのです。


「お前たちは10年間高値で売れたんだから投資回収できたろ?」という意見を初期の太陽光発電導入者の方たちにいきなり押し付けるのも乱暴です。


一方で、来年の新規の家庭用の方たちは24円/KWh買取が予定されています。

ならば、来年は24円、その後はその年の買い取り値段と同額ぐらいに下げ続ける激変緩和措置があってもよいのでは?ということだと思います。

特に、来年2019年に切れる方は、買取価格48円や42円でつけて、2012年の全量買取FITが始まった際に、10KW以上の設備に増設して買取期間を20年に延ばしたいと希望しても

・発電所を一度撤去してその写真を送れ

・17年間維持が義務だから補助金を全額返納しろ

・その後申請しなおして、作り直せ

というハードルがあり、制度の不備に影響を受けた方たちです。

(弊社でJPEAとエネ庁に問い合わせた回答です。もし10KWに増設しても、2012年の全量買取制度発効以前の認定設備は期間延長なしで24円10年間になるそうです。)

つまり、初期のユーザー様へのケアが薄く、なんの手当もなく、いきなり自家消費しろとか、蓄電池投資しろということへの疑問であり、再エネ主力電源という道のりに対するケア不足への憤りだったのでは?
というのが弊社の週刊ダイアヤンドさんの意図と解釈しています。

ただ、センセーショナルな題名過ぎたのかもしれません。


しかし、訂正をきちんとしたようです。
daiamonnd3.jpg

今回はダイアモンドさんの計算が間違っていた※のが発端ですが、この議論論争騒動を契機にちゃんと2019年問題への政府の姿勢を決定してほしいものです。


※実は同じ計算の仕方を5年以上前にある新聞のウェブ記事で読みました。
その計算例を示した専門家は、ある協会の方でした。しかも太陽光を促進しようとするような名称でした。
それを示した協会は今は解散しています・・・。
古いメソッドを利用してしまったのかもしれません。









posted by 第二の年金.JP担当 at 18:47| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。