2018年09月29日

【#住宅用太陽光発電の誤算、「10年で投資回収」は大ウソだったBYダイヤモンドオンライン記事】【わかりにくくする必要はありません】家庭用太陽光発電システムの便益と投資回収を検証しましょう【全部自家消費で考えてみましょう】



昨日ダイヤモンドさんの記事についてブログで書きました。

そして、産業用にかまけて、
ご家庭用の説明が最近していないことに気づきました。

過去の評価よりも
今の導入を考えている方たちへの参考の方が大切と思いますので
今導入するならば?ということを前提にします。


投資回収は、最低の場合=1KWhも売電できず、全部自家消費した場合を想定するのが、実は正しいのです!


比較対象はあくまでなにもしない場合の電力料金

東電さんの電力料金を標準として考えましょう。
ご家庭の平均的な使用料は年間400WKhといわれています。
東電は三段階電力料金なので

120KWh×19.52¥+180KWh×26¥+100KWh×30.02¥で計算すると約25円/KWh
(25.10¥/KWhが正確です)

さらに、再エネ賦課金が2.90円/KWh,燃料調整費が平成30年10月でー1.39円/KWh(こちらは値引きです)を加算することになります。

ただ、複雑になるので、25円/KWhを基準にします



  • 節約効果から予算を算定するのが一番確実!

システム導入費用を回収できるか否かが問題なのです。


たとえば5KWのシステムを設置する場合、全国平均1000KWh/KW、良いところで1200〜1100KWh/KWの発電を10年間継続して発電できた場合を想定すれば、

10年間×1000KWh/KW×5KW=50000KWh=5万KWhです。

この5万KWhに25円/KWhをかけてやると、125万円となります。
つまり、最悪の場合でも125万円の予算以内で5KWのシステムを導入できれば、
10年の投資回収は可能ということなのです。


  • これを売電した場合はどうなるか?

生活スタイルで、実は売電額は変わります。


たとえば、100%売電できた場合(ありえませんが

@1000KWh/KWの場合

50000KWh×26円/KWh(平成30年度制御装置なしの場合)ならば
130万円の売電収入を得ます。これは10年で5万円の節約ができたことになります。

A1100KWh/KWの場合

実際は発電量の上振れなどで年間1100KWh程度でるところが大半であるため
143万円、約18万円の節約となります。



  • では現実的に可能そうな、50%売電の場合も考えてみましょう

B1000KWh/KWで50%売電

 売電(25000KWh×26円/KWh)+自家消費分価値(25000KWh×25円/KWh)
 で1,275,000円の売電および節約で、投資回収が可能となります。
 大体25000円分の節約になりますね。

C1100KWh/KWで50%売電

 これが現実的なシミュレーション値になるのではないでしょうか?
 売電(25500KWh×26円/KWh)+自家消費分価値(25500KWh×25円/KWh)
 で1,300,500円分の売電および節約になります。


  • 効果から逆算して予算を決めましょう
  •  
実際には上記に、再エネ賦課金の削減分を節約効果に、燃料調整費を足したり引いたりなどにより変動します。
またパネル性能や、地域の日照量の差、年年の天候変動などに左右されます


ですので弊社では、全額自家消費の場合の計算を基に、設置を決めることをオススメします。


ただ、屋根材の質、屋根との外観の調和などを考えると予算が合わない場合もあります。
その場合は途中、メンテナンスやパワコンの交換などがありますが、10年ではなく20年回収などと決めて、予算計画を立ててください

  • 年々、パワコンなどの部材は値段が下がっております。


また交換に関してはパナソニックさんが下記のサービスをしております。
交換.jpg
パワコン交換も保証がついてあんしん!


パワコン交換でパワコン15年の保証が付きます。

これなら、25年間稼働が可能となりますね。

この場合の計算もしてみます。
パネルの経年劣化を考えるとどう考えも25年平均で1000KWh/KW・年を超えることは厳しいと思います。

ですので1000KWh×5KW×25年と考えてみましょう。

最初の10年は前述Bを利用し、127万5千円
のちの15年は、50%自家消費、50%はたった2円/KWhの売電料金とします。
(2円の根拠は今最安の原発発電コスト10.1円から託送料約8円/KWhを差し引いた考えです。)

自家消費(5KW×1000KWh/KW×25円×15年)+売電(5KW×1000KWh/KW×2円×15年)
1012500円となります。

つまり、5KWなら125万円前後で導入し、メンテナンス、パワコンリニューアルなどを101万円以下ですませれば、十分に投資回収可能ということです。

ちなみに家庭用パワコン1台交換に100万円もかかりません。(笑

弊社も登録店でございますのでぜひご用命ください。






posted by 第二の年金.JP担当 at 09:15| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。