2018年09月30日

【2019年問題、パワコン交換?、蓄電池?、売電?】2019年太陽光発電の固定買取価格制度利用設備の一部買取期間満了についての問題、いわゆる2019年問題を考えます【#住宅用太陽光発電の誤算、「10年で投資回収」は大ウソだったBYダイヤモンドオンライン記事】




週刊ダイヤモンドさんの記事から2019年問題にきちんと考える必要がでました。

さて方策は3つです。

  1. 「なにもしないでそのまんま、壊れたらパワコン交換で良いんじゃない?」
  2. 「自家消費するぞ!蓄電池必要かな?」
  3. 「システムを○○するぞ!、売電し続けるぞ!」
3番は商売上の秘密ですので、今回は公開しません。
また、その方法をとれない方もいらっしゃります。というか、2019年〜の方は適用されません。
ちなみに合法でございますのでご安心ください。



さて、
  1. なにもしないでそのまんま、壊れたらパワコン交換で良いんじゃない?
の場合について考えましょう。

住宅太陽光の余剰電力、FIT期間終了後は一般送配電事業者に無償引き受け要請.png
などの記事が出たりしました。

が、これは手続きを忘れている人の、垂れ流しを送配電業者に受け入れろという意味です。

そう2019年問題の最大の問題は、「接続契約の手続きが新たに必要」ということです。
そして国が具体的にどうするかまだちゃんと示していないのです
(今年度中に説明サイトを予告はしてます。)

つまり接続契約を忘れると、0円なんですね。
(おそらく今売電している電力会社さんから通知はくると思いますが。)

また九州電力や四国電力など、出力抑制制御が実際に予定されているところでは、受け入れをしない可能性もあります。

ただこれも非現実的で、ほかの電力会社さんが、電力契約をしてしまえば、託送料金を払うことで買電して、他の需要家に送電することも可能になりますので、0円や低価格すぎることはほぼ無理でしょう。

すでに買取を予告している新電力さんもいますし、RE100企業向けには、大きな電源にもなります。


つまり、選択肢としは「あり」です。


ただ、問題は「システムの保証などが・・・」「パワコンは大丈夫?」
についても

ご安心ください。

パナソニックさんのパワコンに交換でパワコン単体であらたに15年保証です。

他社さん(シャープ、京セラなど)のパネルシステムでもOKです

交換.jpg



2.「自家消費するぞ!蓄電池必要かな?
の場合です。

国が実は一番推奨してます。

では具体的にどうするか?

@電化製品のタイマーを昼間に合わせる
AHEMSの導入
B蓄電池導入


まず、@エコキュートなどのタイマー付の電気製品を太陽光発電の時間に合わせることです。

ただこれは太陽光発電がそんなに発電しない曇天や雨の時には節約効果が発揮できません。

その場合は AHEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)を活用することになりますが、エコキュートが対応していない場合もございます。

なかなか一筋縄ではいきません。

ならば、B蓄電池導入?となりますが蓄電池にも3種類の選択肢があります。

@)実質的に安いから、電気自動車で!
A)とりあえず、蓄電池ならなんでも良いや。最低限の電気が確保できれば
B)災害の際でもエアコンなどを使いたい!

@)実質的に安いから、電気自動車で!の場合
車の使用に、非常に制限が付きます。
昼間の充電をするなら、車が使えないことになります。
セカンドカーにするしても、買い物などに制限を受けますね。

さらにVtoHシステムなどは別になります。
かなり費用がかかります。

ただ、蓄電池を連携する方法もあります。
それは、ニチコンさんのトライブリッドという製品です。
トライブリッド.jpg

A)とりあえず、蓄電池ならなんでも良いや。最低限の電気が確保できれば
という方には各社の蓄電池がでております。
特にハイブリッド型と呼ばれるパワコン交換型の提案が多いようです。

この場合注意が必要です

多くの機種で、特定負荷盤や非常電源盤というものが必要で、最低限の電化製品しか動かさない設計になる場合が一般的なのです。
でも、非常用コンセントで、ご飯もたけますし、スマホの充電も可能です。
夜間には照明やテレビが見れるので非常に役に立ちます・

ただ、一番問題なのが、一般的なエアコンが動かない!
ということです。


この夏は非常に、暑く熱中症でお亡くなりになった方も、多いのです。
また、大雨、台風、地震で、暑いのに電気がないという不便な暮らしを強要された方も非常に多いのです。

そのため、最近多くの会社さんが扱うようになったのが
B)災害の際でもエアコンなどを使いたい!
に対応した製品です。

蓄電池スマスタ.jpg
この製品は開発元が株式会社エヌエフ回路設計ブロックさんで、4社の販売ルートで製品名が違います。
(伊藤忠系2社、DMM.com社、ネクストアンドエナジーリソース社)

このシステムの特徴は
  
  • 実容量が8.8KWhと大容量
  • 入力は3KVAまで充電可能
  • 停電時6KVAまで使用可能
  • 200V単三電灯回路そのまま使用可能
であるため、一般的な200V電灯型の4KWのエアコンなどが使えるのです。
(カタログにはIHやエコキュートも使えると書いてあります。IHはとにかく、エコキュートは断水で水がない場合は、使えません・・・。)
酷暑の夏場や、冬の本当に寒いときには、非常にありがたい電源となることが予想されます。

特定負荷盤.jpg

正直に言います。

経済的な利益面では非常に、難しい商品です

ただ、身体の健康というものは金銭に代えられないものです!

つまり、「生活の保全、保険」とみなしていただけると導入しやすいと思います。

以下の方がお勧めです。
  • 災害時に、家族に不便な思いをさせてたくない方
  • 停電の夜、他が真っ暗な中、電気をつけて、家族団らんを継続したい方
  • 親戚一同の避難場所となっているおうちの方
どうでしょうか?

(残念ながら医療器具のUPS機能はありません。ただ、電源が一切ないことに比べると雲泥の差です)


弊社は三社のどのルートの製品も取り扱いが可能ですので
ぜひご興味がある方はご用命ください。













以上、3選択肢のうち、2つをを説明してみました。

あと1年足らずですが、おそらく新サービスや、新製品がどんどん出てきますので上記の選択肢は変わる場合があるかもしれません。

特に、中部電力さんは、余剰発電電力をシェアするサービスの予告をしています。

これが実現すれば、自分の実家に送電したり、親戚や遠くに住んでいる子供さん、お孫さんに、送電することも可能になります。

弊社も一生懸命勉強を続けますので、ご相談ください



posted by 第二の年金.JP担当 at 17:07| 茨城 ☁| Comment(0) | 2019年問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。