2018年10月04日

【40〜32円+税の買取価格までの方が」ターゲットです。】太陽光買い取り見直し検討 未稼働は認定取り消しや減額:朝日新聞デジタル【早急に作りましょう】




いきなり、規制のアドバルーンがたちました。




法律の遡及効禁止の原則で、本来やりきれないだろうと予測されていました。

ただ、国民負担の増大ということがクローズアップされ、問題視されています。
ですので、去年のパネルの事後的追加いわゆる事後的過積載の規制と同じようなスピード感を持って規制がされる可能性があります。

名義変更、仕様変更が可能な時期はすでに1月までです。
該当の方たちはお急ぎください

期限.jpg

また茨城県、南部。東部、千葉県北部の未稼働・稼働済案件の売却などをご検討の方もお問い合わせください。
弊社で買取、もしくは、売却の評価価値の算定などを行えます。




販売施工のお問い合わせはお気軽に





posted by 第二の年金.JP担当 at 10:54| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。