2018年10月19日

【本当でしょうか?】原発ムラからカネを握らされ、再生エネを排除する政治家の実名 :MAG2NEWS(まぐまぐ!ニュース)記事【真偽不明なので、確証なく、真に受けては抗議してはいけません】



どうなんでしょうか?


実はFIT法以前の48円買取余剰用太陽光発電のFIT導入の際の首相は麻生大臣でした。

それまでは、経産省の考えは、「公平性のために補助金で認可する、FITはとらない」と断言してました。

それに対して、「世界の潮流にしたがって、出遅れるわけにはいかない」というのが理由で導入したのでした。

普通よりは再エネ派の政治家さんだと思うので、あまり、断言すべきじゃないと思うのですが。

(えらい人なので、ドッチ派などと断言できないんでしょうけれど。)


gahag-0018086637.jpg



posted by 第二の年金.JP担当 at 13:57| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。