2018年11月08日

【地味に2.5日間の座学がキツかったです】太陽光発電事業評価技術者養成講座に行ってまいりました。【先週でしたが】【セカンダリ取引への活用が期待されます】



img_20181105_112050.754.jpg


さて、太陽光発電事業評価技術者とはなんでしょうか?


JPEAのリンク先にあるように太陽光発電事業評価ガイドラインが定められたのですが、理解している人が少ないと、全く活用されません。

そのため、年内にも、技術者養成を始めると公布されたために、まず、お試し講座が開かれたわけです。

この講座の募集自体はクローズされたもので、PV保守マスターの中からJPEAから勧誘を受けた方と
再生可能エネルギー保全技術協会さんから勧誘を受けた方たちとなります。
私は後者です。
10月31日 当日はそれでも30人もの受講生が集まりました。

この今年度価格の締め切りが迫りくる中(笑

この講座は座学中心というより座学だけです。
内容は法令から技術的な部分まで網羅されます。
(テキストは分厚いですが、全部講義になります・・・。講師のお三方もお疲れ様でした。)

そして専門家の点検を受ける前の1次評価をする技術者として期待されています。

試験もありましたので、合格し、認定を受けましたら、技術者と認定されます。

今は、セカンダリー取引などと宣伝があちこちの業者様でされています。

おそらく、そのような方たちなどからも今回の参加しているはずですので、発電所の売却をしなければならないときには

太陽光発電事業評価技術者の資格をお持ちに人を担当にしてください!」と聞いてみてください。

そうすると、JPEAさんたちも報われます。

また実は一定以上有資格の方しか勧誘されていないようで、今回以降はどうかもしれませんが、最低PV保守マスターは持っている方となるようなので、安心して評価していただけると思います。

ぜひご活用ください。

また売却などのご相談もお気軽に。

ぜひ、今回の経験を活かさせてください。





posted by 第二の年金.JP担当 at 08:17| 茨城 ☀| Comment(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。