2018年11月30日

【パネルの価格低下は限定的?】「米上場の太陽光パネル銘柄が大幅高−世界最大手は中国需要回復見込む」:ブルームバーグ記事【投げ売りはなし?】



中国のFITの縮小に伴い、パネル需要が落ち込み、パネルの投げ売りが!
などと予測されていたのが、大して落ち込んでいなかったようです。

逆にJINKO社は世界の供給不足の地域への供給できるようになったと見解を示してます。

すでに世界では主力電源化なんでしょう。

無電化地域にとっては、太陽光発電+蓄電池(鉛などでもよいのです)+LED電球で夜の闇が掃えるというのは非常にすごいことなのですから。


img_20181122_165225.jpg








ご相談やお問合せは赤嶺電研企画へ(無料です)

発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
                                   
posted by 第二の年金.JP担当 at 08:18| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。