2019年01月17日

【2019.1.16日開催】ソーラージャーナル PVビジネスセミナーに行ってまいりました【FITから→】【東京都の労働人口は増えているんでしょうか?って答えられますか?】



img_20190117_160253.172.jpg

正直 FIT価格が14円!という話題から?と勝手に想像していたのですが。

かなりスケールの大きな話が中心でした。


特に印象に残ったのが、トップバッター金子教授のエキセントリックな講義です。(笑

ぜひ、他のセミナーなどでも講演なさっていたら参加して聞いてみてください。

容は、日本経済の限界についての警鐘と、それをエネルギー問題に絡めておられます。

非常に面白い講演でした。


弊社も採用しているFLIREのサーモも、利用例を見ると面白いですね。
弊社はパネルのホットスポット、ケーブル、ブレーカー、端子部、トランスの加熱などだけを見ていたのですが、
お風呂の温度を見たり(小さい子供などのために)、猫などの捜索、家の漏電、加熱、空調や熱漏出などにも使うそうです。

さらには、映像作品も・・・。
イノベーションとは気づきなんですねえ・・・。




最後も強烈で藻谷 浩介 氏も金子教授に負けない講演でした。

内容は、目からウロコですかね?

Q:みなさん東京都の人口は増えてますが、ここ数年15歳〜65歳の労働人口は、増えているでしょうか?
減っているでしょうか?

正解は内閣府などで公表していますので自分で調べましょう。

地域経済の専門家の方ですが、

「いかに我々が風評に影響されているか、そして、原典やナマのデータを調べない。しかもネットで公表されているのに」

と警鐘を鳴らされておられます。

Q:またトヨタレクサスブランドの工場を誘致に成功した自治体は、人口が増えているでしょうか?
また労働人口はどうでしょうか?

これは、具体的なデータを見ると驚きです。

実はどちらも減っています。


PVビジネスセミナーなんですが、主力電源化ということで、講演内容も変化しております。
宣伝セミナーだと切り捨てる方もいるかもしれませんが、ソーラージャーナルさんも時代を敏感に感じ、
太陽光業界も変化の時代であるとして、このような講演の人選だったと思います。

14円についての議論などがなくて、ちょっと残念でしたが、面白い1日となりました。

田舎に引っ込んでいる弊社にとっては、大変ありがたいです。


















ご相談やお問合せは赤嶺電研企画へ(無料です)

発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
                                   
posted by 第二の年金.JP担当 at 16:35| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。