2019年04月19日

検討されている太陽光パネルの廃棄費用徴収についてのお話【ソーナージャーナルさんの4月16日の飯田氏の講演でのこぼれ話です。】


こちらに4月16日講演されていた、飯田氏の環境エネルギー政策研究所からも委員が選出されているそうです。
その方の特別資料はこちら

その方は、飯田氏によると「事業者に最小限の負担」「保険や共済などの積立でも良いのでは?」と主張なさったそうですが
雰囲気的にすでに源泉徴収ベースの方向に向かっているそうです。

ですので、ご反対の方が、かなりの声を上げないと、源泉徴収方式になりそうです。
それも含めて、飯田さんは、「連帯」「事業者は声を上げるべき」と主張なさっているんでしょうね。

img_20190417_101854.891.jpg

弊社としては制度改正ついてに粛々と対応していきますが、収集した情報が欲しい方がいらっしゃるかもしれないとこぼれ話として、書いておきます。














ご相談やお問合せは赤嶺電研企画へ(無料です)

発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 09:33| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。