2019年04月22日

【勇気ある取り組みだとは思います】宮城県で「不適切太陽光発電所撲滅ツアー」実施 半数が柵塀や標識などで問題:環境ビジネスオンライン記事



弊社の販売のお客様は100%、施工のお客様は99%対応していただいております。
(若干名ですが、訳のわからない理由で対応してらっしゃらないお方はおられます。ですが経営判断ですので自己責任ですよね)

ほか業者さん施工の案件については、弊社周りでも法令適合していないものもありますが、適合しない事情が分からないために通報などはできない状態です。
また、看板フェンスはあっても、構造上違法(仮説部材(単管パイプ+クランプ)による構築物の設置:中部近畿産業保安監督部の発電所の使用前自己確認Q&Aによる見解)な案件も満ち溢れています。

そういう案件はやはり駆逐されてしまうことになります。
ぜひ、弊社にメンテナンスのご相談を。
そして知らずに違法であるならば改善の提案が可能ですので早急に対応しましょう。

犯罪.jpg








ご相談やお問合せは赤嶺電研企画へ(無料です)

発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 18:55| 茨城 ☁| Comment(0) | 赤嶺電研企画の太陽光発電メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。