2019年09月26日

【ダイヤモンドさんは太陽光発電の報道はしてくれますね。】太陽光発電に2つの「足かせ」、国策課金と地方税で事業者は死屍累々?:ダイヤモンドオンライン記事

差し迫る、負担増についての報道です。



でも、廃棄費用の強制積立については書いていません。
こっちのが厳しいですよ。だって経費にできるのは処分時だけなんですから。

まあ、発電機本税やら特別税やら廃棄費用やらを、行政が後付けで、一律に負担増加を求めるのもなあと思います。

規模や、収益性、電力会社への負担金の支払い額、再エネへの貢献や地域への貢献などを考慮した細かいものを用意していただかないと、
収益性第一で、安全性や周囲への配慮などは無視の発電所しか残らないことになってしまいます。

publicdomainq-0008506vttasp.jpg


会社経営ロゴ.jpg

発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 10:22| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。