2019年12月11日

【産業用太陽光発電は10年でセカンダリ売却が一番利回りが良くなる?】太陽光発電設備廃棄費用、積立て制度の方向性決まる 経産省が中間報告:環境ビジネスオンライン


内容は



になります。
積立開始時期は10年稼働後となるので、投資としては、10年間発電して、あとは売却がお得なようですね。

というよりもプレイヤーを変えたいと前々から表明されていたので、積極的に手放させる方針なんでしょう、

ぜひ、鹿嶋市周辺で、発電所の売却をお考えの方はお声がけください。
購入希望者に橋渡しや弊社で購入も可能です。

特に思ったように発電しない、茨城県でも特に原因がわからないのに、年間1000KWh/KW程度しか発電してないなどのお悩みで、手放したい方は、ぜひ、お声がけを。

トラブル改善で、自己所有を継続か、弊社に売却で弊社で改善なども可能です。
(弊社へのメンテナンス契約で上記のお悩み解決した前例がありますので是非茨城県、千葉県での発電所お悩みはご相談ください。)

メンテナンスサービスHP12.jpg





会社経営ロゴ.jpg

発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 18:45| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。