2020年05月02日

【ちょっと不思議な話】PCSのフリッカ対策設定に立ち会いました。

東電さんから、書面で「PCSのフリッカ現象対策してください。実施したら報告も」というものを請けて
弊社の自社発電所のPCSの対策をメーカーに依頼しました。

1.メーカーの見解「最初の設定から対策してる」:設定値を提示(現在のステップ注入付周波数フィードバック方式の2.0: 2Hzのずれの許容。)

2.東電から返答「また足りません。2.5〜3.0に変更してください

3.メーカー「調整は有料です」←お願いしました。

4.東電「メーカーからコロナで対処が難しいとのことでメーカーから弊社に依頼が来ました。弊社がやります。有料です

はあ?

皆様、なにかお気づきでしょうか?

そうです、「東電の依頼」で対処するのですが、「東電」が有料で作業するとのことです・・・。

ちなみに、こちらはパワコンの都合で自動的に従量電灯となっている設備です。(定額電灯が使えないPCS)
ですが、契約は東電EPのままです。

ということで、昨日立ち会ってまいりました。

私としても、
東電もTEPCOメンテナンスセンターとか創業されたからなあ。それで有料になったんだろう。」
と思っていたのですが・・・。

名刺をいただいたのですが、メンテナンスセンターではありませんでした・・・。
東電のどの分社さんが対応したのかは、想像にお任せします・・・。

本当に電力の自由化による摩訶不思議さは、今までの常識を打ち破ります・・・。

hatena.jpg











会社経営ロゴ.jpg

発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 10:53| 茨城 🌁| Comment(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。