2020年10月14日

【未開の地が発電所になるという奇跡】世界の発電、太陽光が「新たな王様」に 再生エネ拡大で=IEA:ロイター記事

SJPR.jpg





今までの発電所は、「水」とは切り離すことはできませんでした。

火力なら蒸気の冷却や水力発電なら水流の確保です。
そして大規模火力なら燃料を輸入・輸送する関係から海岸沿いに作る場合が大半です。
原子力も、冷却の問題から海岸や湖、川の近くに作らざるを得ませんでした。

ゆえに、砂漠などの未開かつ未利用の土地は、観光以外に使えない状態がつづきました。
水がないのですから、農業も無理、居住などもコスト高です。



しかし、太陽光発電はその未開の地すら利用することが可能になりました。

広い場所で、さらに日照が良い砂漠地帯では発電が可能だからです
(最適ではありません。気温が高いと発電効率は落ちるからです)

さらに、一部では、パネルの影を利用した緑地再生の試みも行っているようです。

まさに、なるべくしてなった電力の王位でしょう。

これは発電所のオーナーの皆さんが誇ってよいことです。

需要があり、供給が生まれ、さらに競争でコストダウンが始まり、割安な発電への進化したのが太陽光発電です。

気候変動という問題に立ち向かうために発展し始めた再エネですが、これが各分野でパラダイムシフトやイノベーションを起こす可能性が出てきました。

良い方向に向かえばよいと考えてますので、非常に楽しみです。


publicdomainq-0043399pwqjsj.jpg















会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。
発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 10:07| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。