2021年01月04日

2021年太陽光発電の動向を推測:FIT型太陽光発電編(太陽光発電で第二の年金編)

SJPR.jpg




年が明けましたので、おとそ気分から加速します。

今年は皆様

  • @残余案件の早急な建設稼働の必要性
  • A部材高騰の可能性
  • Bメンテナンスの重要性
をご提言させていただきます



@残余案件の早急な建設稼働の必要性
こちらについては、
・各自治体で規制の動き

・経済産業省やエネ庁は未稼働案件について、早急な稼働を促しており、いつ改正があるか不明

・駆け込みを狙う場合、部材工事などがコロナ禍などにより、どうなるかが不透明でリスクが高い

などが理由として挙げられます。


ぜひ、
・低圧太陽光発電発電所の建設全般

・高圧発電所の工事一般、
特にPAS〜キュービクルなどの高圧工事について
弊社にご用命ください。


他社よりも圧倒的に高品質で適価でご提供いたします。






A部材高騰の可能性
こちらについては、残念ながらすでにその兆候が見られております。
理由として
  • 中国国内のGDPを増やすために大型メガソーラープロジェクトが中国国内で目白押し

  • さらに中国国内プロジェクトの方が利益が大きいのでメーカーがそちらを優先しがち

  • バイデン大統領になり、アメリカ向けのパネル輸出が増大の可能性大

  • もともとアメリカはすでに日本の2倍上の設置が行われている

  • 小さいプロジェクトが多数を占めており、手続きの多い日本市場はメーカーにとって大して美味しい市場とはなくなっているさらに安い電源として世界中にソーラーパネルの需要が出てきました。ならば、型式の拘束やら手続きが遅い日本市場については部材を売るよりも、案件を買い取る方向に進んでいます。

  • そしてコロナの再拡大の可能性です。     
ぜひ、茨城・千葉北部の案件は弊社にご用命ください

メンテナンスの重要性
  • 来年の4月の改正を目標として、再エネ市場の健全化をさらに推し進める方針となっています。

  • 主力電源とされるには、主力電源たる義務を背負います。

  • 今までの投資優先から、電源としての健全性、特に地域との融和が厳しい目で見られることになります。

  • そして、コロナ禍の再拡大の場合、不要不急の外出は本当に厳しい目で見られることになります。

ぜひ、弊社に遠隔監視装置やメンテナンスなどのご用命ください

DJI_0005.JPG







会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。
発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 20:13| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。