2016年10月14日

新サービスのお知らせ:いわゆる太陽光発電所の「過積載」の名称はトラックの過積載など、違法のイメージが強いので弊社では本工法はれっきとした合法であることから「パネル追加工法」と名づけ、提唱し、サービスを開始します。

h281014ak.jpg

弊社ではいわゆる「過積載」とよばれる、パワーコンディショナーの定格容量に比べて、120%以上のPVモジュールを接続することでトータルの発電量を増加する工法を「パネル追加工法」と名づけ、ご提供開始いたします。

 現在、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」のFIT制度を利用した太陽光設備の特に低圧案件におきましては、パワコン容量よりも、多めのPVパネルを設置する、いわゆる「過積載」と呼ばれる設備が見うけられるようになりました。



これは、FIT制度での太陽光発電の電力買取単価が下がったために、売上の増加による投資回収制を確保するために行われております。


また、部材価格相場の下落により、既存設備についての投資回収期間の短縮を目的として導入なされる方たちもおられます。


弊社も、同様な目的を持つお客様の要望にお答えするため、弊社の今までの経験や実証を活かすべく、今回、サービスの提供を行うこととなりました。


弊社では、「過積載」というのは、「トラックの過積載」などの違法性のイメージを喚起させるため、「パネル追加工法」と名づけ、提供することといたしました。


※注 独自名称にこだわっているわけではございません。

広告関係者さまから「過積載」という名称は広告的には使えないとアドバイスをいただいたからです。

これから、出来るだけ「パネル追加工法(いわゆる過積載)」といった表示で行いたい、提唱していきたいと思います。


  弊社におきましては、「パネル追加工法」を、パワコン容量の120%以上のPVパネル設置を対象に、弊社とのO&M契約締結を条件に施工いたします。


  また独自にパワコンの3年間の無償交換保証を行います。


  パネル追加工法は、未確定な部分がある技術であるため、O&M契約と連携することにより、故障、事故の発生を早期に発見・対処することにより、お客様想定の発電量を確保することで、太陽光発電事業経営の安定性に寄与することを目的としております。


 またパワコン容量比150%以上から200%のパネル追加案件につきましては、「パネルダブル追加工法」として、弊社実証設備稼働から1年後、来年10月を目処に、実証で安全と効果を確認後、ご提供していくことになります。

  (鹿行地域などの案件は、先行してモニター様として、施工させていただくことも予定しております)


この「パネルダブル追加工法」は


太陽光発電所の設置する場所が、高圧にするにはコスト高になるほどは狭く、低圧1件程度とするにはスペースがもったいないほど空いているというオーナー様 


誤って受諾されてしまった禁止されている低圧分割申請などについて、その訂正に


ご活用していただける手助けになると考え、ご提供いたします。


また、弊社では、パネル追加工法の施工に賛同していただける施工業者と連動を目的として、弊社実証設備見学会および意見交換会を後日開催する予定でございます。


提供対象エリアは、弊社周辺地域となるため、茨城県内、千葉県の北部の一部となります。

まその他地域については、現在対応しておりません。


特に、パネル追加工法自体が電力会社でのの設計し直しが必要な地域については、ご注意願います。


 またパワコン・パネルの種類、施工の仕方により、対応できない場合がございます。

工法の仕方の詳細などについてのお問い合わせは、見学会にてお願いします。


基本的に、その前のお問い合わせについては、お客様現地調査お見積後のご説明となります。



見学会と、意見交換会で交流した業者様が対応していたけることになれば、さらなるエリア拡大が可能となると思われますので、ご理解お願いします。



以上よろしくお願いします。




posted by 第二の年金.JP担当 at 17:01| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

太陽光発電所監視に最適?(とは言えないかもしれません)でお手軽(正常に動いてくれればですが)な監視カメラのご紹介(オススメと言えない悲しさを察してください)


ご注意。導入は自己責任となります。

masupuro.jpg


オススメと書きたいです。
書きたいんですが、残念です。
でも、当りにあたると、お手軽高性能なんです。
その当りに弊社自体はあたっているんで苦悩です。



非常にカタログスペック自体は、お手軽かつ、高性能です。
・モニタとカメラセット、マイクロSDで録画OK
・92万画素
・カメラとモニタ記録部が無線接続で見通し300mまで遠隔監視可。
・カメラ部はペアリング後は、100V電源だけ用意すればOK、最大4台まで増設可能
・夜間赤外線撮影も
・設定はモニタ部のタッチパネルで。ですが、設置したら、ほぼそのままでも使える
・ブロードバンド接続&スマホ、タブレットにアプリ導入で、モーション感知通知、遠隔監視も
・集音マイクで音声も

など、お手軽価格ですばらしい性能です。(カタログ上&正常に動けば)

以下は、弊社お客様での実際トラブルです。

1)ウリのモーションモードがかなり近くと働かない
2)複数カメラのうち1つで、常時録画モード(スケジュールモード)が働かない
3)そもそもモニタ部の上部に隙間が空いていた・・・。
4)赤外線の範囲距離が狭すぎてぜんぜん夜間は写らない

などです・・・・・・。

さらに、
・モニタが録画中は熱を持つ
・WIFIのルータ近くだと、カメラの無線接続が不安定
・カメラ部は直接日照を浴びると熱で故障の可能性あり
というのもあります(説明書にもありますが正常だそうです)

トラブルのうち1)も、横の動きはカタログ上の7mぐらいで感知なんですが、
正面からカメラに近づくと反応が鈍い(実験では3m近づいても・・・)


ということはありますが
弊社の社屋で使用しているものは、使えるんですよねえ。コレ・・・。
便利です。
心配していた風とかの誤探知はないですねえ・・・。
(メーカーからの説明はモーションモード(動体感知)は、温度差探知だからでしょうか?)

ただ、くもの巣がはるとカメラの赤外線モードでは、夜間が見れません・・・。


スマホから見た画面です。
Screenshot_20161009-183249.png


発電所用の使い方としては2台ぐらいを導入し、
入り口横から撮影するものをモーションモードで通知をするようにして、
もう一台は入り口正面もしくは、発電所全体を撮影という形にすると良いと思われます。
カメラ自体には庇が必要です。
また夜間には、センサーライトとの併用も良いかもしれません。

ただ、電源がカメラ、モニタで3つ、さらにブロードバンドルータの4つ必要で
ブロードバンド通信費も掛かります。
規模が大きかったり、
低圧発電所が複数個所が固まって置いてある方には
おトクに使えるかもしれません。

アマゾンでの評価は散々です。
でも、あたりに当れば、非常におトクです。



posted by 第二の年金.JP担当 at 00:00| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

泣ける話です。「太陽光発電、夜明けはいつ パネル国内出荷前年割れ 新設より既設、ゆがむ市場:日経新聞」



買取価格低下した新規よりも中古、もしくは業界撤退などと
悲観的な業界状態を報道しております。

ただですが、発電所設立は他のものでも、2~3年は
掛かります。

MIYA160101030064_TP_V.jpg

電力会社さんだっていきなり数百、数千、数万もの発電所の接続設計しろと
いわれても困ります。

家庭用の発電所は、需要つまり負荷がすぐそばにあるために、
発電の変動の波が小さいものでしたが、
売電専用発電所はそうとも行きません。


それでも、着々と発電は始まっているのですから
もう少し長い目で見てもらいたいものです。


posted by 第二の年金.JP担当 at 09:27| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

今後、太陽光発電所のプレイヤーが変わるみたいです。「調達価格等算定委員会(第23回)‐配布資料から読み解く」20年間太陽光発電所のオーナーでい続けてください。



かなり重要な方針がさらっとかいてありましたので。

を読み解きます。
この中でご注目ください。

siryou.jpg

低圧などについては長期安定性の意識が低いと評価されています。

さらにAにご注目です・・・。

インフラファンドに運用、所有に再構築=つまり移行とのこと・・・。

つまり、現オーナー様が
指導や法令に従わないなら、プレイヤーを替えても良いと考えておられるようです。

弊社も、現オーナーさんの既得権を認めて、そんなに厳しいことにはならないかも?
と思っていました。

発電所認定廃止なんてできないですからね。簡単に。
そしたら、国際的に約束している二酸化炭素削減の目標達成不可能になりますし。

でも、受入先をインフラファンドと、公的に考えているみたいです・・・。


これらの構想が来年の法改正に反映されるなら、メンテナンスの重要性が高まります。

弊社はできることを出来る限りで行うつもりです。

【O&Mについて】

弊社O&Mは大きな宣伝はしません。
ただし、非常にユニークな契約となります。


対応エリアは現状、弊社から高速道路利用含んでも1時間以内の
ところまでとさせていだだきます。
鹿行地域の案件は優遇させていただきます。

しかし弊社は、もともとが電気設備のメンテナンスが本業です。
まさに弊社の本領発揮の時代が来たと思います。
IMG_20150725_093218.790.jpg
メンテ機械.jpg

ぜひ、お問い合わせを。
皆様のお役に立てる独自プランをご用意しております。

【発電所施工について】

施工依頼も、是非。
弊社案件は、メンテナンスも考慮して、20年間の運転を志向しつつ
建設を続けております。

DSC_0001.jpg

20年間のランニングコストを最小限に抑えるために、
弊社は、太陽光発電所をおつくりしております。

ぜひ、皆様が20年間の太陽光発電所オーナーとして、プレイヤーとして残れるお役に立たせてください。


posted by 第二の年金.JP担当 at 09:00| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

防災の日です。地元は、お祭りですが(神幸祭(じんこうさい)・提灯まつり)


防災の日です。

皮肉にも台風10号の思いがけない、史上初の岩手上陸で
お亡くなりになられた方が出てしまいました。
お悔やみ申し上げます。

災害列島日本は、災害からは逃げられません。

本当に悔しいのですが、自然の脅威には、
3.11で思い知らされました。

しかし、復旧にいたるまで、惨めである必要はありません。

是非、太陽光発電+蓄電池をお使いになり、
災害対策を!

蓄電地チラシ正規値段.jpg


話は変わって、本日は鹿嶋市は、
神幸祭(じんこうさい)・提灯まつりでにぎわってます。
交通規制などもありますので
車での移動はお気をつけて。
是非お祭りを楽しんでください。

詳しくは観光案内

posted by 第二の年金.JP担当 at 13:51| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

弊社オフグリットソーラー試験場(=完全独立電源型太陽光発電所)稼動!「オフグリットソーラー看板照明」登場!


弊社オフグットソーラー実験場が稼動し始めました。

offgirid.jpg

上記の看板照明はすべて、太陽光発電の電気を利用しております。
1灯あたり、約30WのLEDを6灯、計180Wの電力を消費します。
これに電源として
写真.jpg
上記の蓄電池H1505X
昼間ソーラーパネルから充電し、
電力を供給して照らします。

普通のFIT用発電所のパネルの空きスペースに
オフグット用パネルを設置してます。

LED自体は、夜間自動点灯なのですが、
蓄電値1500Whの容量では、天気が悪いときは
充電しきれない場合があるため、
コンセントタイマーで、19時〜24時までの点灯としております。

これでもかなり、充放電がキツメになるため
点灯時間を減らす可能性も見ています。



弊社オフグット型として、2回目のチャレンジです。

(1度目は、FITの影も形もない時代に会社物置で試しました。
 車載タイプのインバータがスグにだめになり、
1台5万円近くの1KWタイプを数台ダメにしてました。
 チャージコントローラーなどが
一般化してない時代ですので
 過充電によってバッテリー液の気化が生じて
  ダメにしていたみたいです)


今回はかなり、簡単にできました・・・。
時代の流れですね。

最初「看板灯をソーラー電源だけで行え」と
社長命令が出たときには
超高額な予算が掛かると思ったのですが、
H1505Xの登場で想定予算の半分以下に抑えられました。
実はバッテリーがかなりネックだったのです。

一般的なオフグリッド用のディープサイクルバッテリーは
価格も高いのですが容量も小さいのです。

それが、
・1500Whの大容量
・MPPT付で、容量210W、50Vまでパネル電圧が自由
・過充電保護機能付
・操作が単純
H1505Xの登場で・・・。

オフグリットの本命 パワコン、インバーター、かつ蓄電池となります。
本当に凄いですよ。

これ一台で、
・バッテリー、
・インバーター、
・MPPT機能付チャージコントローラー
機能があるんですから。

(電力会社からの電源を用いていたら、当初投資はさらに半分でしたが。
 ランニングコストを見て、どちらがトータルで
 安くなるかを検証するのも今回の実験の趣旨です)





posted by 第二の年金.JP担当 at 16:47| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

PVJAPAN 2016に行ってまいりました。興味が持てたことは紹介します。(その1)


IMG_20160701_164956.748.jpg
IMG_20160702_093124.738.jpg

行ってまいりました。PVJAPAN2016に。
お気づきでしょうか?
スポンサーの数が・・・。
太陽光発電の凋落と思いきや・・・・。

中は結構熱気がありました。
目立ったのは、
IMG_20160701_162333.866.jpg
パネル掃除機です。(水は使わないのでシンフォニアとは違うみたいです。)
会場お値段がなんと、税込で100万円を切っていました。

償却5年と考えて年間20万円。 低圧で数基お持ちの方は購入考えても?
実際メガソーラーオーナー様が購入決定と張っておられました。
これで効率が1パーセント回復するなら、年間2000万円以上の売電収入がある方は
オススメですね。低圧なら10基、500KWぐらいからでしょうか?
また、共同購入なども。

この業者様はイベントの常連で、稼動型架台に力を入れていて、これからも
採算の取れる太陽光を目指していらっしゃります。

また、効率の良い(リチウム異音電池よりも性能が良くて、安い)バッテリーを
販売するそうです。それで過積載で夜間売電も・・・と提案なさってます。

その2につづきますよ。

続きを読む
posted by 第二の年金.JP担当 at 11:43| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

日本にも影響は大です。予告されている来年改正までは大丈夫だとは思いますが・・・。:「独(ドイツ) 再生エネルギーの固定価格買取制度を廃止へ」



おそらく、大きな影響を日本にも与えます。

ドイツでは
買取価格制度が完了すべきと結論がでて
来年以降新規設備のの固定買取制度適用がされなくなります。
これは、失敗というよりも、
再生可能エネルギーのコスト値段は
優遇しないでも他の発電と戦える水準
なったと判断したものと思われます。

では、日本でも同じことが議論される可能性が大です。

すでに産業用太陽光発電買取額は、
家庭用への電力販売額よりも低い価格となりました。

さらに来年以降は、入札制の導入も想定されています。

現在のFIT制度のように、価格優遇と部材値下がりが有利などは
許されないことになります。

おそらく、今12月〜3月は建設ラッシュとなり、部材価格の奪い合いと
納期が問題となることが予想されます。
早期に建設計画をお立ていただくことをオススメします。

ぜひご用命を!

posted by 第二の年金.JP担当 at 18:58| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

改正FIT法を機会に、発電所管理を考えましょう!(改正FIT法は稼動済みの発電所も一度リセットする法律です)その一


改正FIT法告知文
29年改正.jpg
どうしても、今までの改正を意識するため未接続の方以外は
関係ないとお考えかもしれませんが、
実はすべてが一度リセットなのです!

すでに稼動済みでも買取価格は自動的に引継ぎはではなく、
一定期間内に書類を提出していただくことが必要になります
と一文があります。

つまり、手続きを忘れると今までの価格が失効する可能性があります。

このリスクとして
・オーナー様が単独で手続きを行っていたため、家族も業者も詳細を知らない

・オーナー様のみが独断で発電所管理を行っていて、家族はまったく興味がないため、
 オーナー様に万が一があると、業者との連絡が付かない

・発電所自体に興味がないため、販売業者自体がつぶれても、放置して管理もしていない

・手続きを全部業者任せにしていたが、業者自体が倒産し、連絡が付かない

があります。

つまり、ご家族、管理会社との連携が今後の課題となります。
今回の改正のみならず、二度三度の改正が20年間の間に生じる可能性があります。

お一人で立ち向かえますか?

弊社にお手伝いさせてください!

・発電所の継続的な保守管理

・スポット点検(ストリングテスターなど)

・発電所のセカンドオピニオン

太陽光発電所は事業です。
あなたは孤独ではありません。
協力業者をうまく使ってください。
家庭用とおなじく3年毎スポット点検だけなどのお使いも可能です。
新規の情報などもお出しできます。

施工業者とケンカしてしまった、連絡が取れないなどについても
引継ぎ可能です。


posted by 第二の年金.JP担当 at 12:19| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする