2018年04月30日

【茨城県(いばらき県)広報ひばり】広告載せました。【に初掲載です。】


茨城県広報「ひばり」の作成代理店さまより
お誘いがあったので単発ですが、広告掲載させていただきました。

茨城県でも無名会社ですので、これをきっかけに知っていただけると
ありがたいです。

発電所メンテナンスHPです。
詳細はお問い合わせ下さい。
メンテナンスウェブ.jpg

21円案件あります。
詳細はお問い合わせ下さい。
紹介ウェブ.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 00:00| 茨城 ☀| Comment(0) | 赤嶺電研企画の太陽光発電メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

【40、36円案件の方、発電量は最適ですか?】【発電事業3〜5年目での検討のオススメ】ソーラージャーナル主催の太陽光発電×イノベーションシンポジウムに行ってきました【リパワリング=発電の最適化等のオススメ】



このごろ、雑誌社主催のイベントの頻度が・・・。
pvj20180423.jpg

セミナーの中心はオプティマイザーやマキシマイザー、ソーラーエッジ、タイゴエナジー
などの、いわゆるストリング毎の最適化システムのご提案です。

実は、かなり前から提案のある技術で、40円時代から提案されてはいました。
ただ、原理効果は理解できるのですが、導入コストで建築コストをUPさせてしまうことになり
初期投資の財源的には厳しく、さらに、装置が増える事で故障やトラブルの確率を高める懸念があったために一部の発電事業者さま以外はなかなか採用に繋がらないものでした。


ですが、最近、発電事業者間で、リ・パリングというお話がでています。
これは、FIT初期にとりあえず発電所を作ることが優先されて、実際の発電量が現在最適値になっているかの検討が甘かった事例
さらには、中国製のパネルなどで、価格優先品を使ったためにPIDなどで発電量が低下していたなどの事例が、
ヨーロッパなどで散見されたため、調査、改善が行われ、発電回復や収益の回復が実際に行われているという流れが日本にもFIT改正と事後的過積載の規制により、到来しました。

メンテナンス義務化がはじまり、「やらねばならない」というものから「やってよかった」、そして改善提案により、発電所の最適化により、収益の改善と発電の改善、ひいては発電量の最大化による環境への貢献に役立つという趣旨に役立つ、各社からの提案でした。

対象となる方は
・稼動済みの発電所の発電量がシミュレーションよりも低く不満がある方
・施工会社と連絡が取れなくなり、発電量が適正かもわからない状態の方
・監視装置などの設置はしていない方
・影が掛かるとわかっている立地であるけどやはりもう少し改善できないかとお考えの方
などになります。


ご注意点は

・あくまで、最適化であり、発電量がかならず増加するものではない。(適正な施工で、適正な管理がなされていれば、必要ないものです。)
・後付やパワコン交換の場合はコストがかかるため、改善と見合うものか否かは案件ベースになる

という点です。

特に、初期のパワコンに、パネル追加での過積載は、ルール改定の猶予が短かったために、最適な設計が少ないとおもわれます。
またコストはかかりますが、40円、36円、32円案件などは、改善幅が大きければ、やる価値は大きいです。


そのためには、まず発電所が健全か否かの調査が必要です。
特に改正FIT法により、専門家のメンテナンスが4年に1度以上の頻度で義務付けられました。

ぜひ、弊社にご用命いただき、改善提案などをさせてください。

メンテナンスHP
詳細はお問い合わせ下さい。
メンテナンスウェブ.jpg

posted by 第二の年金.JP担当 at 18:52| 茨城 ☀| Comment(0) | 赤嶺電研企画の太陽光発電メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

【なにか今年は発電量がすくないのではないか?】茨城県の日射量と鹿嶋市の日照時間を調べてみました【点検したお客様から売電がすくないとの御声かかりに回答しましたので】

特に1〜3月はどんどん日が伸びて、発電量も増えるので
お客様は、毎年この時期はルンルンで買取票をご確認していらっしゃるみたいです。

ですが皆さん
『去年より売電量が少ない。不具合があるるのでは?』
とおっしゃるのですが
調べても異常はありません。

印象として、曇りの日が多かったなあとおもいましたが
データでの裏づけをして見ました。

さて、去年の日射量のデータです。茨城県にはつくばで気象庁が観測してます。
1月です。

2月です。

今年の1月2月です。

1月では10%、2月では20%以上の差があります。

鹿嶋市については、日照時間程度の計測しかないのですが、
nisyajikann2018 3比較.jpg


日照時間でも明らかに去年より少ないことが判明してます。
3月はほぼ横ばいのようですが。
また去年の8月10月の酷さも浮き彫りですね。。。
おそらく、去年パネル追加された方は発電量の少なさになかなか気づきにくいのでしょうが
実はそこが過積載の強みなのです。
天候が悪くても発電量がボトムUPしますので。








21円案件あります。
詳細はお問い合わせ下さい。
紹介ウェブ.jpg

posted by 第二の年金.JP担当 at 16:56| 茨城 ☁| Comment(0) | 赤嶺電研企画の太陽光発電メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

【間に合わすためには1月中に!】【メンテナンス計画・看板・フェンスはおスミですか?】改正FIT法への発電所適合は今年3月31日が期限です【春節・年度末があります。】



メンテナンス計画・看板はとにかく、フェンスについては、春節(中国のお正月)がモロに影響します。
今年の春節は2月16日です。
これから10日程度は一切輸出がうごきません。

ですので2月中に品物が必要な場合は、1月中に。
3月初旬には物を手に入れるにも2月の10日程度までに全部の手続きが終わってないと難しくなります。
その後は・・・
語るも怖いもので、2月26日から動いたとしても、それから1週間は手続きが掛かりますので
手配が3月に・・・。
年度末を考慮に入れてしまうと部材入手から工事までが
3月ではギリギリになります。
というか殺到してほぼ無理でしょう。

対策はお早めに!
写真[1]20170129.jpg

また、メンテナンス契約や一度もメンテナンスをしたことがない発電所についてはきちんとした、メンテナンス計画が必要です。
看板は言わずもがなです。

メンテナンスなどは
メンテナンスサービスHP.jpg

看板は
yafu-pure.jpg
21円案件です。
詳細はお問い合わせ下さい。
紹介ウェブ.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 09:39| 茨城 ☁| Comment(0) | 赤嶺電研企画の太陽光発電メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

【九州電力管内で、電圧フリッカ現象が起きているようです。設定変更が必要みたいです】「GW前後に照明ちらつく恐れ 太陽光装置の設定原因(佐賀新聞)」ならびに「電気の電圧及び周波数の値を維持するために必要な発電事業者の協力義務について(九州エリアにおける10kW以上の低圧太陽光発電事業者の皆さま)(資源エネルギー庁)」

posted by 第二の年金.JP担当 at 12:13| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤嶺電研企画の太陽光発電メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

赤嶺電研企画のO&M(運営・メンテナンスサービス)メニューのHPを公開しました。


画像クリックで該当HPに飛びます。

メンテナンスサービスHP.jpg


弊社の独自のメンテナンスサービスを公開しました。

弊社の独自色として

売電がゼロなら、メンテナンス料金が生じない
・成功報酬型メンテナンスサービス「あんしん」

初期費用無しで、エコめがねを導入してメンテナンスを行う
・遠隔監視定額型メンテナンスサービス「寄り添い」

スポット点検、セカンドオピニオン点検

をご用意しました。

すべて、鹿嶋市周辺を想定した、地域密着型のサービスです。



posted by 第二の年金.JP担当 at 18:31| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤嶺電研企画の太陽光発電メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする