2015年07月30日

PVJapan 2015に行ってました。(感想と紹介)



PVjapan 2015に行ってまいりました。

・去年などより人が少なくなった。(初日の14時ごろに入場しましたが。)
・保守管理サービスの出店が増えた
・大手さんは家庭用+蓄電池で、グリット電力を目指しているようだ
・一番注目のテスラモータースについては、サプライズ無しでした。

・人がすくないというのは、一昨年や去年は、配布する資料も足りなくなるなんて出展者もいたぐらいだったんですが・・・。
今年は、どのブースのスタッフも一生懸命配ってました。
一番盛況だったのはテスラモータースでした・・。モデルSカッコよかったです。(前と後ろがトランクルーム、サイドブレーキもなく、ALLタッチパネル、日本では数百台)890万円するそうですが。


・保守サービス、特に遠隔監視などが多かったです。ただ、結構高いのでエコめがねのコストパフォーマンスを超えるのは・・・。
てるてるモニタさんぐらいです。
できれば、田淵三相用に電源も三相200V対応をお願いしてまいりました。

パネル洗浄の業者様にも話を聞いたのですが、洗浄には水道水ということでカルキの付着が・・・。純粋はオプションだそうです。(値段は3万円ぐらい+)

・大手様のご様子。
攻めのパナソニックのブースです。
IMG_20150729_161747.588.jpg
大きいです。人数も多かったです。
向かいにはソーラーフロンティアさんです
IMG_20150729_161754.546.jpg
パナソニックの奥にはシャープさんです。
また、東芝さん、三菱さんのブースも見ましたが、
三菱さんは
電気自動車連動型の蓄電池で切り替えで家全体の電気供給可能なシステム
東芝さんは
マイクロインバーターの採用が展示されていました。

個人的には
SUNPOWERさん(日本でのブランドはMAXEONソーラー、商標の関係だそうです)
世界一の効率のパネルの日本単独上陸が注目です。

HITとのガチンコ対決が期待できますので弊社も提案の幅が広がります。

風車のメーカーなども出展してました。
外国パネル・架台メーカーの方が一生懸命説明してはいたのですが、私の英語が・・・・。
IKEAに太陽光発電装置を付けたRECさん、ドイツメーカーとしてちゃくちゃくと定着してるソーラーワールドさん

中国メーカーでは、サンテックさん以外は大手は出展していませんでした。(インリー、トリナ、UPなどおなじみのところが)
群馬でパネルが吹き飛んだ案件で採用されていた、ユリカソーラーさんは出展してました。(補償されるか聞き忘れました・・)

家庭用のグリットパリティが目前ということで大手は、家庭向け、野建向けは残案件のために架台やモニタリングサービスが主体でした(パネルの変更が難しいですからね。)

posted by 第二の年金.JP担当 at 08:57| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PVJapan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする