2018年06月22日

【ショックでした】PVJAPAN 2018に行ってまいりました【祭りの終わりの雰囲気です】




img_20180621_162425.495.jpg
寂しいかぎりでした。

世界エネルギー展と同時開催でも、A、B棟だけです。
パノラマ撮影したものを見て下さい。(人物の方はモザイク処理してあります。)

jpea 2018.jpg

弊社のお付き合いさせていただいてる会社様にご挨拶と一部気になった会社さまのブースを見学させてもらうに、ほぼとどまりました。

今回招待状をセミナーでいただいた
千葉エコさんは
農水省とJEPEAの要請で特設ブースを設けており
絶えず人が行きかっておられました。
農水省の室長さんとのトークセッションには質問もさせていただきました。


エコめがねのNTTスマイルエナジーさんは、また凝ったコスプレ(不思議の国のアリス)
で参加です。今回一番お金の掛かってるブースだと思います。

ニプロンさんはマキシマイザーの印象が強かったのですが、自家消費型への取り組みが一番面白いですね。
半分オフグリッド型に、バックアップで電力系統から電力供給を受けるというものです。

一番人通りが多かったのは鶴田電機さんです。
SMA24.5KW+トランス+集電箱が一体になっているものですがお値段的に普通の絶縁内臓パワコンと同じぐらいの値段で
施工の手間がかなり省けるシステムになっています。
短納期のところなどに面白そうです。


ただ、世界エネルギー展はみんなブースの外人さんが座っていたり、
小さいブースの皆さんも、みんな座っているばかりで、FIT開始当事の熱気を知っているものとしては
寂しい限りです。

でも弊社はまだまだ頑張りますよ!!

案件あります。
詳細はお問い合わせ下さい。
紹介ウェブ.jpg

4年に1度以上の頻度で専門家点検が義務化です。
スポット点検はいかがですか?
お手ごろの監視装置などもご紹介します。
詳細はお問い合わせ下さい。
メンテナンスウェブ.jpg



posted by 第二の年金.JP担当 at 19:00| 茨城 ☁| Comment(0) | PVJapan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

PVJapan 2015に行ってました。(感想と紹介)



PVjapan 2015に行ってまいりました。

・去年などより人が少なくなった。(初日の14時ごろに入場しましたが。)
・保守管理サービスの出店が増えた
・大手さんは家庭用+蓄電池で、グリット電力を目指しているようだ
・一番注目のテスラモータースについては、サプライズ無しでした。

・人がすくないというのは、一昨年や去年は、配布する資料も足りなくなるなんて出展者もいたぐらいだったんですが・・・。
今年は、どのブースのスタッフも一生懸命配ってました。
一番盛況だったのはテスラモータースでした・・。モデルSカッコよかったです。(前と後ろがトランクルーム、サイドブレーキもなく、ALLタッチパネル、日本では数百台)890万円するそうですが。


・保守サービス、特に遠隔監視などが多かったです。ただ、結構高いのでエコめがねのコストパフォーマンスを超えるのは・・・。
てるてるモニタさんぐらいです。
できれば、田淵三相用に電源も三相200V対応をお願いしてまいりました。

パネル洗浄の業者様にも話を聞いたのですが、洗浄には水道水ということでカルキの付着が・・・。純粋はオプションだそうです。(値段は3万円ぐらい+)

・大手様のご様子。
攻めのパナソニックのブースです。
IMG_20150729_161747.588.jpg
大きいです。人数も多かったです。
向かいにはソーラーフロンティアさんです
IMG_20150729_161754.546.jpg
パナソニックの奥にはシャープさんです。
また、東芝さん、三菱さんのブースも見ましたが、
三菱さんは
電気自動車連動型の蓄電池で切り替えで家全体の電気供給可能なシステム
東芝さんは
マイクロインバーターの採用が展示されていました。

個人的には
SUNPOWERさん(日本でのブランドはMAXEONソーラー、商標の関係だそうです)
世界一の効率のパネルの日本単独上陸が注目です。

HITとのガチンコ対決が期待できますので弊社も提案の幅が広がります。

風車のメーカーなども出展してました。
外国パネル・架台メーカーの方が一生懸命説明してはいたのですが、私の英語が・・・・。
IKEAに太陽光発電装置を付けたRECさん、ドイツメーカーとしてちゃくちゃくと定着してるソーラーワールドさん

中国メーカーでは、サンテックさん以外は大手は出展していませんでした。(インリー、トリナ、UPなどおなじみのところが)
群馬でパネルが吹き飛んだ案件で採用されていた、ユリカソーラーさんは出展してました。(補償されるか聞き忘れました・・)

家庭用のグリットパリティが目前ということで大手は、家庭向け、野建向けは残案件のために架台やモニタリングサービスが主体でした(パネルの変更が難しいですからね。)

posted by 第二の年金.JP担当 at 08:57| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PVJapan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする