2018年07月06日

【除草はなんの儲けになりません。】「草刈りは回数で決めない。草高30cmを基準に」。緑地雑草科学研究所に聞く(日経メガソーラービジネス)【オーナーの方にもメンテナンス事業者にも】【ですので弊社は提案します。】




弊社は主張します。
除草はコストです。
できるだけ減らしましょう。
それには最初からが肝心です。

表題の日経の記事はメガソーラー基準で書いてあります。


「30センチを維持。」低圧で出来るでしょうか?みなさん。


さて発電所のオーナーの皆さん、除草はどうなさってますか?

・自分で草刈
・奥様と一緒に休日に
・業者に委託してるしOK!
・防草シートあるし
・除草剤で。


さて、ひとつずつ、ご質問します。
「自分で草刈の方」
  • 今おいくつですか?
  • 20年後も自分で刈れますか?
  • 草刈で屈むなどの無理な姿勢で腰がいたくなりませんか?
  • 遠方だと毎回運転などの移動が辛くないですか?
  • で時給換算でお幾らになりました?
  • 労災入ってないと怪我したらどうします?

「奥様と一緒に休日に」
  • 奥様との大切な休日を潰しても大丈夫ですか?
  • 奥様がケガしたり、ご自分が怪我した場合の労災に入っていますか?(副業の方は本業の労災は使えません)
  • 長い移動時間があったり、移動費用を見た場合のコストを計算したことありますか?
「業者に委託しているのでOK」
  • 業者さんは20年間除草の契約してくれてますか?(人手不足で人件費があがれば、除草の値段もあがります)
  • 業者さんは発電所近くの業者さんですか?

「防草シートあるし」
  • よくもって、10年後にシート交換作業があります。その際はおいくつですか?
  • 廃シートの処理は考えてますか?
  • 水の流れや土砂の流出は大丈夫ですか?
  • そもそも完璧に防げてますか?

「除草剤で」
  • 今は、周りになにもなくても、将来お近くに家ができてガーデニングなどが趣味の方がお住まいになっても除草剤をまきますか?
  • 小さいお子さんがいる家ができてもまきますか?
  • 間違って吸い込んだり、目に入ったときはすぐに洗い流す必要がありますが、水道は発電所に備え付けてありますか?
どの方法にもリスクがあります。

一番の理想は、カバープランツで、影を掛けるような高さにならないグリーンベルトが発電所に広がっているイメージです。
この場合は植生が保水力や、根を張ってくれれば土砂流出も防いでくれたりします。
芝生の上の太陽光発電所、下ではみんながくつろいだり、犬がはしゃぎまわったり・・・。
そういうのが出来れば理想ですが。
理想ですが!

カバープランツできれいに作るには最初の苦労とあとでの丁寧な手入れが必要です。
また影のかかるパネル下への植生は難しいのです。



結局、雑草は、太陽光発電所にとって敵です。
ですが、敵といってもパネルに影を掛けるなどの影響がないならば、「適時」排除すればよいのです。

普通「適時」とはパネルに雑草の影が掛かる前です。
つまり5−6月7月8月のぐんぐん伸びる時期にはMustとなってしまいます。

ですが、影が掛からないなら、そんなに慌てなくてよいですよね?


弊社は最初から足長架台、高所架台、下利用型架台をオススメします。
(下利用型)
img_20180315_085107.360.jpg
(足長架台)
草.jpg

設置コストは確かに上昇します。
但しメリットが大きいのです
  • 草が刈りやすい
  • 刈りやすいのでケーブル切断事故などの可能性も低減
  • 雑草がかなりの高さにならないと、パネルに影を掛けない
  • そのため、自分の好きな時期に、運動をかねて除草などが可能
  • まめに除草しないと売電が減るという恐怖から開放されます。(ただし年2〜3回はやる必要があります。)
  • さらに、周りになにかできても、影の影響が最小限にすみます
  • 1200mm程度推奨のフェンス以上の高さならば、フェンスの影がパネルにあたりませんし、敷地を有効利用できます。
とくに、低買取価格での案件についてはランニングコストの削減が命題です。

さらに発電所のリニューアルの際などもご検討することもオススメです。

除草は、正直、メンテナンス業者にも儲けになりません。
事故の可能性が高いわりに、高額な金額を請求できないからです。
(そりゃ、除草はお金を生みませんし、普通の空地やらお庭の除草の相場は安いですからね。)

かといって専門知識がない方に委託すると、今度は、
設備の破壊(特に接地ケーブルの切断、PVケーブルの切断)、
へたすると感電させてしまうリスク(お気をつけてください。オーナー様が素人に草刈依頼してしまってその方が感電死してもオーナー様の責任です。)
があります。


ならば、最初から、無理なく除草できる計画を考えた発電所を作りましょう!

ぜひ、すでに申請済みなどの案件についても弊社にご相談ください。


posted by 第二の年金.JP担当 at 17:02| 茨城 ☔| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

【制度廃止ばかり話題ですが】中国の太陽光発電のFIT制度のわかりやすい解説動画がありました。【実質19円/Kwh、さらに自家消費を促す制度で、完成単価が約11.9万円/KW】




最近中国のFIT制度中止は話題になるんですがどんなものだったのか?はわかりにくかったのですが・・・
専門誌PVeyeさんのスマエネ放送でわかり易い紹介がありました・・・

自家消費しても、7円/KWh程度の補助金+電気自体の価値 12円/KWhで計19円になっていたそうです。

さらに、設備費用の相場が11.9万円。
そりゃ中国メーカーが必死につくりますよね。

IMG_20150714_131112.318.jpg


でもそれも中止になったそうなので、逆にいままでの中国の投資先がどこに向かうか?
それはFITのある国への投資です。
さらに、実は中国のFITもまだ不払い分が1兆円以上あるそうです(これはPVeyeさんの本紙情報ですが)。
ならば、痛い目にあった方達が向かう先はFITが高くて儲かって、確実に払ってくれる国、つまり日本かもしれません・・・

ぜひ案件がなくなる前にどうぞ
詳細はお問い合わせ下さい。
紹介ウェブ.jpg




posted by 第二の年金.JP担当 at 06:49| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

【出力制御無補償となります。】太陽光発電の出力制御、新契約は無補償 中国電 (日経新聞)


ご相談やお問合せは赤嶺電研企画へ(無料です)


中国地方も受付容量上限に近づいたそうです。


コネクトアンドマネージの実現を急いでほしいです。
温室効果ガス排出の取り決めについては、日本はすでに、リーダーシップを失ってます・・・。
モタモタしていると重い負担が後付で他国の決めた基準でのしかかってくることになります。
まずは、再エネの主電源化が必要ですし、制御が無制限で無補償の設備に投資する方は非常にリスクをとることになるので今後の普及が厳しいことになります。
それも買取価格が下がった発電所が増えないという矛盾を抱えることになります。
本来は大型物件などに蓄電池を併設してもらうなどが有効なのですが。
(たとえば、蓄電池を既設の発電所に出力の100%以上の容量(つまり、1000KWなら1000KWh分)取り付けることでFIT期間1年延長などの優遇策でもよいとおもいます。)


YUKIdaad_TP_V.jpg











posted by 第二の年金.JP担当 at 15:25| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

【デマにご注意】田淵電機、私的整理制度を申請 −太陽電池関連不振で経営悪化ー(日経新聞) 【事業再生ADRは民事再生手続きなどの事業破綻ではありません】





パワコンの相次ぐ故障した日にまたこんなパワコンがらみです。



事業再生ADRなどは聞きなれない言葉ですが、
銀行などにリスケジュールなどをお願いする際に、
銀行としては、自ら判断すると、利益相反行為となり、銀行法や会社法上の経営陣に責任が問われ、
選択することが出来なくなります。
そのため公的制度として、第三者機関に申請して、適正な計画を策定および精査してもらい
債権者(銀行)と債務者(今回田淵電機)を仲介することになります。

特に今回は大きい企業ですので経営陣の裁量の範囲内とはいえないための制度利用のようです。
ユーザーなどに影響がないと、プレスリリースでのべていますのでご確認下さい

IMG_20150714_131112.318.jpg









posted by 第二の年金.JP担当 at 08:02| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

【一方投資家は・・・。】「マスク氏vs.バフェット氏 再エネでにらみあい」「インドで太陽光発電 ソフトバンク交渉 総事業費6.6兆円」(日経新聞記事)【障壁があっても有力投資家の視線はアツイようです。】






さすがに、有力な投資家の方々はすごいですね。着々と。
実はまだ世界には10億人ぐらいの未電化人口が居ます。
この方達に電力を送るのは大規模発電所+送電線ではなく、
太陽光発電+蓄電池の方が導入コストもランニングコストも安く、リードタイムも短くなります。
世界で夜の闇が怖くなくなればどんな時代がくるでしょうか?
情報端末の発達により、電気がくれば、情報通信も可能になり
通信による教育なども進みます。

投資家イコール金儲けと考えてしまいますが、すごい投資家は人を幸せにして儲けてていくのでしょう。

ぜひ、その一端をにないませんか?
弊社販売サイトです。
posted by 第二の年金.JP担当 at 12:50| 茨城 ☔| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

【太陽光発電に障壁が】世界中で太陽光発電についていろいろな障壁が



急速な普及により世界中でネガティブな意見や停滞を大きく捕らえる記事が多くなりましたね。








やはり、リードタイムが短く、量産可能で世界中どこでも設置可能な万能電源である太陽光発電は急速な普及が可能であるとともに、既存の大規模発電所から送電網で送電するという旧態依然のシステムへの融合においてトラブルが生じていると理解しています。

まだ生みの苦しみでしょう。

風力のように、風が吹かないということも無く、必ず毎日世界にエネルギーが供給され、
資源の偏在もなく、低価格化も進み、環境破壊や健康被害も最小限ですませることも可能な太陽光発電自体は今後もまだまだ進むと考えております。


IMG_20150714_131112.318.jpg

































posted by 第二の年金.JP担当 at 18:16| 茨城 ☔| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

【パネルの相場が荒れそうです。】中国で新規太陽光発電所の補助金の削減 2018年6月


ご相談やお問合せは赤嶺電研企画へ(無料です)


去年は加熱気味で、世界の太陽光発電所の導入量の過半数を牽引していたのですが。



日経新聞によると

中国のエネルギー政策をかじ取りする国家発展改革委員会(発改委)は1日、中央政府の補助金を受け取る太陽光発電所の建設は当面認めないと発表した。小規模の分散型発電設備については、補助金の対象となる発電量を1000万キロワットまでとした


ということです。

これを見ると、パネルの投売りがありそうにみえますが、
実は去年の段階でのソーラージャーナルさんのセミナーにて
JINKO社は弊社の「パネルが中々下がっていないがどうなんでしょうか?」
ということに対して、
「中国需要がすごいので中々下がらないが、来年後半には期待できるかも」
とすでに予測なさっておりました。

ですので価格低下は期待できますが、投売りというものは期待できそうにありません。
また、そのような詐欺も出てきそうなので注意が必要ですね

クマッタナア.jpg


詳細はお問い合わせ下さい。
紹介ウェブ.jpg

詳細はお問い合わせ下さい。
メンテナンスウェブ.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 18:10| 茨城 ☔| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

2018年05月26日

株式会社エコ・マイファームさん主催の「農林水産省の営農型太陽光発電制度改正に伴う緊急セミナー」に行ってきました。

に参加してきました。

有料セミナーなので非常に突っ込んだ内容でした。

やはり、単なる規制の緩みではなく、
過去の実績を農水省が分析して、ソーラーシェアリング自体は、農村再生に貢献
しかし、傾向から営農発電とも、農家の方自ら行う方が適正であるという方向でその分に恩恵を与えるみたいです。

さらにうれしい誤算のようですが、荒廃農地の再生にもかなり役に立つと実績から判断し、今回の優遇策へ加えるようですね。

この通達で知識のない悪徳業者がソーラシェアリングの一時転用更新期間が10年になりました
高利回り案件です!と勧誘があるかもしれませんが、細かいチェックが必要になります。

特に、荒廃農地再生以外で、10年以内更新というのは、2,3種農地(=転用可能な農地です)か営農者自主建設しかありませんので、お気をつけてください。

荒廃農地自体も、認定は農業委員会の判断ですので、単に営農がされていないだけではダメだと思われます。

また10年以内更新ですので、最長9年11ヶ月で、期間は、農業委員会の判断であるため、
実は5年とか7年とかでも良いのです。

やはり正確な情報を得るには専門家の方に教えていただくことの大切さを痛感しました。

ENIMAGE1405046797413.jpg

posted by 第二の年金.JP担当 at 08:35| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする