2018年09月17日

【ポイントはまあ低圧野建発電所の将来でしょうかね?】経産省・新エネルギー課の山崎課長に聞く(前後半):日経メガソーラービジネス【行間を読んでしまえば、20年以上維持できないんなら売ってしまえば?ということです。】




写真[6]211712.jpg
記事は以下です。


さて、ポイントはかなりの時間が低圧産業用発電所への指摘と懸念を示しており、
まとめて集約すべきという方向性を示していることです。

これは、実はFIT法改正時期にある方面から得られた情報、
「法令順守されていない、管理されていない発電所はどんどん調査が入る」
「国としては、管理されていない発電所などは、売却、リビルドして利回り2〜3%程度でもよい年金や保険などに所有させたい意向である」
「そのための指針の策定が準備されている(これは「太陽光発電事業の評価ガイド」のことです)」
とも合致しています。

ですので、このインタビューを単なる低圧イジメなどと斜めに構えず、これからの事業計画に役立ててください。
これからの方向は3つあると思います。

1つは、「20年後は撤去するからどうでもよい。投資」と割り切る考えた方です

 実は1番合理的ですね。脱出まで備えればよいだけですので。

2つめは、「規模のメリットを増やすためにドンドン増やしておく」ということです。

これは、ベンチャーです。
実は、課長さんのインタビューでは述べられれていない部分(民間のアイデアに期待などとぼかしています)がありまして、環境価値という部分が日本では換金しにくいのですが海外ではすでに一流会社であるほど重視されており、そこと取引するには、その会社もまた環境配慮型の経営を求められることになります。
まだ太陽光だけで5%再エネ全体でも10%程度の電力を日本中の優良企業が奪い合いをせざるを得なくなるわけです。

新たに格安の部材で発電所を作る?系統が空いているかわからないのに?
自社の上に作る?場所が足りますか?

では、すでに期限切れのFIT設備、これならすぐに調達できるのです。

「石油由来から8.5円で買うより、同じ額なら再エネ由来の電力、RE100%達成に足りないなら、さらに、プレミアを」
となるわけです。

20年先になるのですから、確定したものはありません。もしかしたら二酸化炭素排出問題が大解決してる可能性もありますけども、発電所オーナーということはベンチャーへの入り口にもなりうるのです。


3つめは、売却してしまうことです。

すでにM&A=事業の売却などは珍しいことではありません。それと同じです。
利益が出ているからこそ売却するという方向も生まれます。
また、新規発電所設置へのリードタイムが長くなっている昨今は、中古というより稼働済みの発電事業の売却という評価に変わってきています。
市場が育っていないために今は高めに売却できているようですが、事故の頻発などが記録され始めればその発電所の価値は激減します。
また、「太陽光発電事業の評価ガイド」の有効利用により、管理されていない発電所の価値は最底辺に陥る可能性もあります。

発電事業について、こんなはずではなかったという方は、是非弊社にご相談ください。
茨城県や千葉県などでしたら弊社が買取することもできます。
売却までいかずとも、スポット診断などをさせていただいて、発電所の評価もできます

太陽光発電所のメンテナンスなどご用命・詳細はお問い合わせ下さい。
メンテナンスウェブ.jpg




posted by 第二の年金.JP担当 at 09:53| 茨城 🌁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

【来年の2019年度の太陽光発電のFIT価格も見えてきました】大規模太陽光、入札制足踏み【どうも15.5円/KWh以下のようです。】

今回は満を持してのはずでしたが、

特に特典もない入札ですので、運営体を分けて、発電所を作った方がコストが安いですものね。
(低圧の分割のようなものですね。規模が大きいのでやりやすいのでしょう)
しかも上限額がいきなり、現状18円よりも1割以上安い、15.5円と設定して、落札が一切なし。


非常に難しい結果となりました。

ただこれで見えてきたのは経産省が行いたい来年度買取価格の引き下げ金額の思惑です。
ここが重要です。
入札を担った低炭素投資促進機構によると、今回の上限価格は15円50銭だった。事業者から9件の入札があったものの、最も低い価格でも16円47銭で、落札の条件を満たさなかった。落札が進まないと太陽光発電のコストが下がりにくくなる。

来年2円下がりの16円などという甘えて引き下げではなく、おそらく今回の上限額15.5円以下、15円になると思われるます。
これは2割弱の切り下げとなります。
ぜひ、今年度に発電所申請はしましょう!

posted by 第二の年金.JP担当 at 18:38| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

【太陽光発電のオーナー様は、まさにこの道を進んでいますね。】大富豪が教える成功法則 お金持ちになるコツ40選 『バビロンの大富豪』超訳×図解 (プレジデントムック)【ふと、置いてある本を読んでみたのですが。】



手続きで、待っていた時に、ふと置いてあったので読んでみました。



内容は本を買っていただくのが一番なのですが、
まとめている方もいます。

kinnkai.jpg

内容で太陽光発電事業との親和性は、


お金の貯め方

まずは収入の1 割を手元に残して暮らしてみましょう。

お金の増やし方

・チャンスをつかむ「勇気」にだけ運はついてきます。

・リッチになる方法はリッチマンに聞くのがベストです。

・低金利時代はミドルリスク・ミドルリターンを狙いましょう。

お金の残し方

・家族には「継続的な所得」か「保険金」を残す事を考えましょう。


という金言です。

どれも非常に太陽光発電事業と親和性が高いものです。

10%の利回り&継続的な所得、ミドルリスク?&ミドルリターン?
などです。
(ローリスク&ローリターンと感じる方もいるかもしれませんが、銀行金利や国債金利と比べたらハイリターンですらあります。)


ただ

「・リッチになる方法はリッチマンに聞くのがベストです。
については、解釈が違いました。

金言自体は、うろ覚えですが「服のことは仕立て屋に、パンのことはパン屋に聞くべきで、なぜ服屋においしいパンを焼かせようとしたり、おいしいパンの作り方の意見を聞くような真似をするんだ?」というような表現です。

投資をするのに、自分でリスクを取らないで売りに来る証券マン=サラリーマンに相談するのではなく、成功している先輩の投資家に相談しろ、というものです。

太陽光発電についてはどうでしょうか?

簡単に言えば、メンテナンスの相談や、発電所建設を発注するべきなのは、自社発電所を経営している施工業者ということになります。
(先輩オーナーさんに良い業者を紹介してもらうというのありかもしれませんが、おいしい話はなかなか他人に教えてくれないものです。直接に業者ならば仕事も発生するために、ご相談いただくのもWINーWINとなるのです。)

自社発電所や発電所を10年以上運営した経験も持たない業者が、オーナー様に、運営やメンテナンスを指南する。

これほど滑稽なことはありません。

弊社は
  • 設置から17年経過した太陽光発電所を持ち、
  • FIT型太陽光発電所の認定 関東第一号であり、
  • すでに20年以上の自家用発電所のメンテナンス経験、
  • 有名企業への弊社エスコ運営によるピークカット型発電所設置&運営10年契約満了後も継続契約
を行っている会社です。

自信を持って皆様と歩める会社と自負していますし、この本について皆様の実践のお手伝いをできる会社であると、確信しています。

ぜひ設置やメンテナンスについてもご相談ください。

太陽光発電所のメンテナンスなどご用命・詳細はお問い合わせ下さい。
メンテナンスウェブ.jpg



posted by 第二の年金.JP担当 at 18:43| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

【中国市場は今年は半減?】どうなる中国の太陽光市場!?(前後半)日経Xテック【低価格品の暴落がありそうですが品質は・・・。】




影響は少ないと、大手パネルメーカーは豪語していましたが、やはり影響がありそうな感じです。
53GW(約53000MW=5300万KW)から約半分の28GWまで下がる予測があるようです。
崩壊.jpg
こんな記事中国「太陽光の街」 対米輸出止まり閑散 パネル工場 次々閉鎖)もあります。

ただ、淘汰されるのは小規模メーカーになると思われるので、低価格でも品質の保証のないパネルがどんどん流入する可能性が高いので注意が必要です。
安全性を考えると大手メーカーのパネルになりそうです。

ただ、今後のパネルの値段引き下がりは確実でしょうから、18円での採算性はますます上がります

ぜひ弊社にご用命ください。

茨城県、千葉県北部の申請は無料です。



また自家消費にとってもチャンスです。
まずは計画を!

自家消費用太陽光発電所ご用命の方はぜひ詳細を下記よりお問い合わせ下さい。


posted by 第二の年金.JP担当 at 18:00| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

【アマゾンでの販売】ハンファQセルズブランドの監視カメラが発売されたそうです。【太陽光発電での稼働】




ハンファQセルズブランドで監視カメラが出るそうです。
Wifi環境があれば、楽ちん設置とのことです


hannqkamera.jpg


ただ最近の中国製の監視カメラについてきている、ミラーリング機能(wifiの中継機能)があるかどうかは不明です。

最近は発電所などでの盗難などが増えていますので防犯もメンテナンスの一つです。
ぜひ弊社にお声掛けを

太陽光発電所のメンテナンスなどご用命・詳細はお問い合わせ下さい。
メンテナンスウェブ.jpg










posted by 第二の年金.JP担当 at 19:35| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

【1KWh=100円? 新電力潰しか?】 電力市場価格が史上最高値100円: 日経エネルギーネスクト【はたまたビジネスチャンスか?】



電力自由化&再エネの山場です。




簡単にいえば、太陽光発電などの出力が減少する夕方→夜間の間の電力売却が少なく、スポット価格が史上最高まで急騰した事態です。

新電力で自前の発電所で100%供給できない会社は、JPXでの取引で調達しなければならないにも関わらずです。

売り惜しみはしていないとのことですが、過去、このような事件が生じてます。
非常に疑わしいと思われます。

せっかくの電力自由化ですし、安定供給できない再エネがまたもや悪者にされる原因となるので
きちんと監督官庁は調査すべきだと思います。


ただ、これが実需に基づくならば、ビジネスチャンスにもなります。
例としてハワイの夕方専用太陽光発電所などの例があります。

太陽光発電が急増した昨今では、ダックカーブといわれる、発電と需要のアンバランスが問題となっております。
100円/KWhが常態化したならばビジネスチャンスとなります。
IMG_20160406_174801.169.jpg
混迷を迎えるかもしれない電力市場ですが、自社自家消費用発電所なら問題ありません。
自家消費用太陽光発電所ご用命の方はぜひ詳細を下記よりお問い合わせ下さい。





posted by 第二の年金.JP担当 at 16:54| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

【太陽光発電はお安い電気の時代になったということです】さらばメガソーラー、「自家消費」が拓く次なる時代「ソーラーフロンティアが描く成長戦略」日経エネルギーネクスト【ファンド生成で今までは野建投資から屋根上投資の時代も近いかもしれません。】



国内パネルメーカー大手が自家消費にシフトしたいとのことです。


パネルがメーカー持ち出しで初期投資がいらないから設置してもらえるというわけでもないと思います。
初期投資がいらないからといって電気料金を固定で20年契約というのも厳しいと思います。
安易にFITが難しくなったから自家消費とは思えません。
ライバルは他の電力会社となる、実は非常にレッドオーシャンな分野かもしれません。


弊社は 2012年より自家消費型のビジネスモデルをご提示しております。
scan-002HP掲載用.jpg

それでもFITをご選択するお客様は多かったのですが、
これからの時代においては、新たな選択肢として、
@自家消費型太陽光発電は上記モデルも、
もちろん
A自家消費型発電所ををご自分のご負担で設置にも対応いたします。
ご自分で設置の場合は税制優遇もあり、また環境価値は100%自分のものです。
経済的効果も自分もののであり、即時償却が可能であるならば、削減した電力料金は他の再投資が可能です。


賦課金が高くなったこと、設備費用がお安くなったために、太陽光発電では今ではお安い電気を供給する電源へと進み始めております。

これは、特に低圧においては効果が高いものとなります。
イベント看板234.jpg

ぜひご検討の方は弊社にお問い合わせを
自家消費用太陽光発電所ご用命の方はぜひ詳細を下記よりお問い合わせ下さい。

また屋根に設置は不安でも場所がないという方は、工場立地法によりカーポート型なども利用できます。
アルミカーポート.jpg

yamadayasama.jpg
ぜひ下記よりお問い合わせを。




posted by 第二の年金.JP担当 at 17:55| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

【7月26日開催】ソーラージャーナルさんのPVビジネスセミナーに参加してまいりました。【浜松町】【エネ庁「」】



IMG_20180727_225623_burst_03.jpg

毎度ながら、盛りだくさんでした。。。
  • パネルメーカーさんの講演
JINKO、LONGI、RISEN、航天というメーカーです。(敬称略)

RISENは大手のOEMで日本に馴染みがなかったものがこれからプッシュするとのことです

航天は馴染みがないと思っていたのですが、ソーラーシェアリング用の細いパネルをかなり
日本でも販売してたメーカーさんでした・・・。

パネルの価格動向なども質問したかったんですが・・・。
できませんでした。
ただ、単結晶や高効率化による高性能品をプッシュしてます。
狭い土地というのもありなんでしょうね?
1000平米に200%過積載するなどの場合は、通常の多結晶では狭い感じですし、その場合に
収入を増やす感じでしょうか?

  • 公的な講演
エネ庁からも公演があったのですが、「コストを下げる」、「ゲームチェンジャー」という言葉が気になりました。
おそらく、急な定期報告の警告などから、適正な管理をできない発電所などは退場してもらい、コストの安くなった発電所などの普及(枠を空ける)のために退場してもらうつもりかもしれません。

特に講演資料には事業者の声「つなげない(送電線の平均利用率が10%未満でもつなげない)」「高い(接続に必要な負担が大きすぎる)」「遅い(接続に要する時間が長すぎる)」に対して、かなり、跳ね返す回答してます。

そうならないように弊社などにメンテナンスをご用命ください。

太陽光発電所のメンテナンスなどご用命・詳細はお問い合わせ下さい。
メンテナンスウェブ.jpg


・ソーラーシェアリング関係
すでに有名な農水省の鎌田氏と先日の小田原のソーラーシェアリングサミットの小山田氏の講演でした。
どちらもかなりの人気でした。
  • シュタッドベルケ?
公共サービス公社みたいな者みたいです。
縦割りではなく有機的なつながりを持ったサービスの提供のようです。
日本では東京ガスが電気&ガス&インターネットを提供して割引ということで
電力自由化のトップランナーのようですが、
シュタッドベルゲは、道路やごみなどについてもつながりを持ったサービスを地域インフラに提供しているようです。
日本のいわゆる地域電力、ご当地電力さんへのお手本でしょうか?


以上5時間にもわたるセミナーでした・・・。












posted by 第二の年金.JP担当 at 15:11| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

【2019年対応へのビジネスモデルが続々とでてきてます。】 家庭から自由に売電、余剰シェア可能に/中部電力が来秋サービス開始へ (電気新聞)【将来的には自分の余剰電力を知り合いに分け与えることも可能だそうです。】








エコキュートの昼間湯沸し設定や蓄電池でも貯めきれない発電電力なども、
近いうちに、知り合いとシェアできるようです。

アパートやマンションで太陽光発電が設置できないご家庭にも送れるようになると、
実質どこのご家庭でも太陽光発電の電力が使える時代になるということです。

2019年問題のみならず、20年間の全量買取型の発電所の脱出戦略が見えてきましたね。



写真.jpg








続きを読む
posted by 第二の年金.JP担当 at 09:27| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする