2017年07月12日

【分割についての再確認】「再生可能エネルギー発電事業計画の認定における設備の設置場所に係る審査基準等 」が公表されました(資源エネルギー庁)【どんなトンでも申請があったんでしょうか?】【ちなみに36円案件の隣接地には申請ができることが正式にアナウンス】【風力やバイオマス、地熱もOKです】 【ただし分割のための悪用は禁止されました】

posted by 第二の年金.JP担当 at 21:48| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

【ドッときました?】みなし認定がおりはじめてきました。【法則性の発見?】【完了メールはなんとかして欲しいです。】



みなし認定が、10個ほど纏めて下りました。

で、これが不思議なんですが。
  • 5月に出したもの
  • 地域がほぼ同じ
  • 全部稼動済み
  • ただし、認定時期はずれてる
  • 申請は同じ日に行ったとはいえ、番号などはかなり、間が空いている。

これから考えると、地域ごとに、認定作業を行っている可能性が大です。

よくわからない処理のしかたですねえ・・・。

また、認定完了のメールは、軽微変更などの変更を反映していない当初の情報で送られてきます・・・。

運用上問題ないとのことですが・・・。
早めに直して欲しいです。

メンテナンスサービスHP.jpg
続きを読む
posted by 第二の年金.JP担当 at 11:33| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

【順番が不明・・・】みなし認定第1号がでました!


6月の5日になって弊社申請の第一号です。
(みなし認定自体はまじめにやっておりまして、4月1日から提出を始めております)

でもこれは、4月10日提出・・・。

ではID順なのかというと、
これよりもIDや連系が前のもので
さらに10日以前に提出のものも、まだです・・・。

またアドバイスを貰ったので、稼動済みですが、接続を証する書類も全部添付済みです。

まったく基準が不明です。

ですが提出しないと始まりません!

提出したいけどよくわからない!

業者さんと連絡がつかない!

などのご相談をお待ちしております。

行政書士ではありませんでので、他業者様施工案件については代行手続扱いではないですが、弊社が皆様のみなし認定を作成して出す方法はあります!
ご相談下さい。


是非!

メンテナンスサービスHP.jpg


posted by 第二の年金.JP担当 at 11:17| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

【疑問にお答え】みなし認定は手続きを完璧にして9月末までに下りないと、価格が失効するのか?


みなし認定は手続きを完璧にして9月末までに下りないと、価格が失効するのか?

という質問をいただきました。

実は、エネ庁が求めているのは、提出です!
(直前説明会での説明)

不完全であとで修正でもよいから、9月末までに提出して欲しいとのことです。

ただしご注意点です。

1)パネル追加や名義変更などについては、みなし認定がおりないとできません。
ですのでこちらは急ぎましょう。

2)買取価格変更が生じるような申請ミスは非常に恐ろしいので
パネルの型式や出力変動、土地の住所については、きちんと確認して
申請しましょう。

わからん、面倒という方は弊社にご相談ください。

メンテナンスサービスHP.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 14:35| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

【再生可能エネルギーの固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ先の電話番号について】「平成28年度までに認定を受けた方の事業計画の提出」に関しては、「0570-059-555」にてご案内しておりましたが、5月8日より「0570-059-555」を廃止し、「0570-057-333」に統一いたしました。(なっとく再生可能エネルギーHP)

posted by 第二の年金.JP担当 at 18:33| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

【農村復興、限界集落問題についてほかでは解決できなかったのが再エネでは成功しそうです】 メガソーラー稼働を機に「限界集落」に活気特産大豆「八天狗」を売り出し、地域をブランド化(日経テクノロジー)

posted by 第二の年金.JP担当 at 11:26| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

【家庭用について重要な事項が記載されました】またまた「「なっとく再生エネルギー」のよくある質問が更新されました」4月7日付


またもや修正されております・・・。

改正FIT質問.jpg

皆さんの疑問点などがあるでしょうが電話が繋がらない状態です。

大きな点は、
  • 家庭用の10KW未満についても買取価格記載は税抜
  • オーナー様のメールアドレスがどうしても登録不可能な場合は、旧制度での申請者のメールアドレスでの登録可に
でしょうか。

弊社とメンテナンス契約もしくは点検をいただいた場合は代行いたします。
是非ご検討下さい。
内容は下記にて(クリックすると弊社メンテナンスサービスに移動します)
メンテナンスサービスHP.jpg
posted by 第二の年金.JP担当 at 00:00| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

【自分の設備IDすらわからない方の判別法も書きます。】改正FIT法のみなし認定申請のためのIDなどがわからないなどについて、おまとめします。 【代行(有料)もできます】


10月5日改定
IDの名称に相違があったので、修正しました。

11月13日、追記しました。
紙申請での手順の記事に誘導します。

【壱.紙申請と必要なもの】
IDなどがわからないのに期限が過ぎた今の場合は、無理に電子申請ではなく、
紙申請をオススメします。
ただし、認定はメールのみのお知らせになりますから、

@、登録者ID(ユーザID登録)登録
A、紙による設備ID(認定書や電力の買取票にある英数羅列)と登録者ID(ユーザID)の設備ID紐付け依頼書の作成
が必要です。

注:下の方法で、手続きに時間が掛かったり、(紙申請は掛かります)、郵送が到着しないなどのトラブルの責任は負いかねますので、自己責任でお願いします。

 できましたらプロに頼って下さい。

【弐.電子申請可能な場合は電子申請で。その場合に必要なもの】

最初に、大枠で

電子申請でOKなのが、
  • 50KW以下の太陽光発電所
  • 10KW未満の家庭用太陽光発電システム
かつ
  • 申請者ID(登録者ID)、設備ID、申請時のID(設置者ID)とパスワードがすべてそろった状態です。

ない場合は、IDの紐付けか、紙申請を行います。
それ以外はすべて 紙申請です。


【参.オーナー毎の申請と区分け】
オーナー様のパターン分けします。

  • @旧制度からの設備認定申請を自分で行った方
  • A認定申請を施工業者に代行してもらって業者と連絡がつく
  • B代行してもらったが、業者との連絡がつかない
  • C代行してもらったが、担当者が居なくなって、IDなどが散逸したといわれた

大前提として申請者ID(登録者ID)=ログインに必要なIDです。このIDのみが内容の変更可能です。
設備ID =二種類あります。1)設備IDと2)設置者IDがあります。

  • 1)まず、設備ID=設備認定通知に印刷される、設備のマイナンバーみたいな番号(10桁?)です。(下の電力の買取票にもあります)
  • 2)もう一つは、電子申請時のJPEAから割り当てられた設備申請用の設備IDとパスワードのセットです。 電子申請にはすべて必要になります。(これが設置者IDといわれるそうです)

【四.オーナー別の申請の仕方】

「@の方」 
旧申請者ID(登録者ID)でログインしてください。 
申請した設備IDが並んでいますので、すべて、みなし認定提出を電子申請で行って下さい。

やり方はマニュアルを参考にして下さい

ただし
  •  1)他人から譲渡受けたり、代行させて、自分の申請者IDにヒモ付けていない場合、
  •  2)最初期の案件で電子申請ではなかった時代、
  •  3)高圧案件

は紙申請です。紙用紙に記入して、添付書類を同封してください。

「Aの方」
業者様に依頼してください。

 ただしメンテナンス体制の確立が必要なために申請者は管理責任を取らなければならないので、別途メンテナンス契約の締結などを求められることがあります。

その場合
  • 1)メンテナンス契約結ぶ、
  • 2)結ばないで他の業者にメンテナンスを行わせる
があります。
2)の場合は、メンテナンス業者の申請者ID(登録者ID)に紐付けします。

紐付けには、紐付け申請書に記名捺印、印鑑証明を添付して、紙で送る必要があります。

「Bの方」
これから面倒を見てもらう業者様に相談して下さい。
     
弊社の場合は、最低限スポット点検をさせていただきます。
(保守点検の責任がとれない状態で申請してしまった場合、トラブルが生じるため)

必要なものは前述の 紐付け申請の手続きです。

この際には 最低限、自分の設備ID(認定通知書の方)が必要です。

設備IDの調べ方は下に書いておきました。


「Cの方」
対策としては自分で新規に申請用ID(登録者ID)を作成し、そのIDに紙で申請して、紐付けもできます。

ただ、全部自分で行うことはこれからの制度変更についていけなくなる可能性があります。
施工業者さんと相談するか、あらたなメンテナンス会社を探すことが現実的かと思います。


【伍.設備IDがわからない場合(50KW以下の太陽光発電)】


設備IDについて、実は毎月電力会社(東京電力)から送られてくる、買取通知「購入電力量のお知らせ」に書いてあります。(赤線枠の部分です)
      
        検針票.jpg

こちらのIDを使い、以下の記事の手順で出して下さい。



posted by 第二の年金.JP担当 at 11:23| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする