2021年02月06日

【認められにくいですが。】ソーラーエネルギーの過剰生産を推し進めるべき理由:フォーブス【不足&丁度から余剰生産の時代だそうです】

SJPR.jpg


JUST IN TIMEの終息です。



大量消費時代に高度成長した反面、環境破壊などの問題がありました。
それゆえに省エネや、効率化、そしてジャストインタイムのような生産工程がもてはやされました。

しかし、太陽光発電については、ソーラーエネルギーは燃料が無限大に近いがゆえに、過剰生産が更なる発達を産むという意見です。
今では、安い電源となったソーラーで、電気が余るほど作れるようになれば、蓄電池などの新たなビジネスが生まれ、老朽化した化石燃料機関との置換も進むという理論です。

たしかに、太陽光は売り惜しみも、値上げもありませんからね。
これは非常に正しい意見かもしれません
太陽があまり当たらないのは、北極や南極だけですし。
人類に公平なエネルギーです。


publicdomainq-0043399pwqjsj.jpg


会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。
発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 18:12| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。