2021年03月03日

【農村では食料と再エネが供給される時代が来るかもしれません。ただし】The weekend read: Solar’s flexibility can be agriculture’s gain「ソーラーの柔軟性は農業の利益になる可能性があります」PVmagazine記事【海外では】

SJPR.jpg


海外においても、太陽光発電の適地の獲得について、農業との対立の懸念があるようですが、一方で


日本でも日陰植物の選択が研究されていますが、育成が成功しても、今度は流通と厳しい課題を突き付けられたりします。
ですので、榊などや、加工前提の植物が多いように思います。

海外でもかなり盛んに進んでいるようで、
なんと、フランスの南部で、ワイン用?のブドウについては質が上がるとのレポートがあるようです。

透過型、両面型が出てくるとまた、変わった評価試験がでるかもしれませんが、ソーラーシェアリングの活発な研究が進んでいるようです。

日本でも、いくつかの団体が奮闘していますが、農業関係者や農水省の熱意がもう少し熱くなってくれたら・・・。


DSC_10022.jpg





会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。
発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 07:00| 茨城 ☔| Comment(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。