2021年03月13日

【コロナ対策】一人15万円追加配布?太陽光発電事業はどうなるんでしょうか?

SJPR.jpg

といっても日本ではありません。



ただ、米国でも書と説く制限で8万ドル以上の年収がある場合は除外だそうです。
つまり中流層に、お金配るのが、一番経済効果が強いとの判断なんでしょう。

でもこれって、世界的にインフレ確実ですよね・・・。
ジャブジャブなお金。

太陽光発電事業への影響を考えると、

・固定金利なら、長期借入が有利
(インフレで実質負担が減る。ただし太陽光発電専業の場合は実収入が減る。)

・PCSなどのリニューアルはインフレ前に行い、残期間の保証に入ることが有利
(ただし、メーカーが撤退しないところに・・・。)

・今から作る場合は低コストにこだわり、投資回収期間を短くするべき。
(投資回収が終われば、あとは儲けですからね)

・発電が安定できるようにきちんとしたメンテナンス体制を考えるべき
(発電量にはこだわりましょう。固定買取価格期間は戻ってきませんよ。)

弊社の発電所建設は、
利回り方式ではなく、
きちんとした原価からの積み上げ方式です。

つまり、買取価格が24円だろうと、14円だろうと基準は一緒です。
(場所や、仕様、お客様の希望などで上下しますけども)

ぜひ
未稼働案件のEPC業務

未稼働案件の権利の買取

メンテナンス

等を弊社にご用命ください。

特に、高圧案件は、保安法人と連携し、建設、保安業務&メンテナンスを安価にご提供可能です。

お金のイメージ.jpg





会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。
発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 10:53| 茨城 ☔| Comment(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。